『ランボルギーニ・アヴェンタドール』を3Dプリンターで再現した親子が話題

テック&ガジェットのニュースを毎日配信!
» » » 最新記事のリストはこちら
👀



3Dプリンターを活用して、本当に走る『ランボルギーニ・アヴェンタドール』を再現した親子が海外で話題となっています。

Source:3dprintingmedia.network,lasersterling
*カテゴリー:テクノロジー technology

ことの始まりは、息子のある“おねだり”


ことの始まりは、物理学者のスターリング・バッカス氏が、レースゲームが好きな小さな息子から「これを作ってくれない?」とお願いされたこと。それは、イタリアの超高級車『ランボルギーニ・アヴェンタドール』でした。


画像は『ランボルギーニ・アヴェンタドール』公式サイトより

バッカス氏はそこで、3Dプリンターを活用して、本当に走る『ランボルギーニ・アヴェンタドール』を、息子と一緒に作成することにしました。

もちろん3Dプリンターのみで車を作り出すことはできません。しかし、車の大部分は3Dプリントで、フレームもオリジナル。物理学者としての知識を生かして、ゼロから設計されているのです。


エンジンは古いシボレーに搭載されていた『LS1』を使い、その他はランボルギーニの中古パーツなどを組み合わせて設計しています。


そして、外装部分。車体のほとんどには3Dプリンターが使われています。ただしこれには強度の問題があったため、カーボン繊維で3Dプリントしたパーツを包んだそうです。


未塗装の段階で、すでにかなりクオリティが高いことが分かります。見た目は全く『ランボルギーニ』そのものですが、デザインにはオリジナル要素も加えられているそうです。


パーツのデザインは『ランボルギーニ・アヴェンタドール』をベースにしていますが、それぞれのパネルを大きく変えて、私たちのデザインセンスを加えています。

そして塗装された状態がこちら。ほとんど本物と見分けが付きません。




バッカス氏はこの計画について「3Dプリンターがなければ不可能だった」と語っています。この計画は現在も進行中で、現在も様々な改良が加えられているようです。

あわせて読みたい 👀



*本サイトに記載されたURLを経由して収益等が発生した際は、一部が製作者に還元される場合があります。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!