『iPhone 13』&VRゴーグル:新プロセッサ『VR1』や8つのカメラを搭載した予測CG

テック&ガジェットのニュースを毎日配信!
» » » 最新記事のリストはこちら
👀



Antnio De Rosa氏がデザインしたAppleのVRゴーグルの予測CGが、YouTubeチャンネル『ConseptsiPhone』で公開されています。

Source:ConceptsiPhone,aderosa
*カテゴリー:テクノロジー technology

AppleのVRゴーグルはこんな感じ?『iPhone 13』も登場


こちらがAppleのVRゴーグル。ちなみに、Appleが開発していると噂されているのはVR(仮想現実)ではなくMR(複合現実)ゴーグルですが、この動画ではVRとして紹介されています。


内側にはレンズと、鼻が入るくぼみらしき部分が確認できます。


現実世界を認識するためのカメラは8つ搭載。さらにセンサーは15も搭載されています。


ロック機能としては『Face ID』に対応。さらに、『Eye Tracking』で視点を追跡することができます。


プロセッサも内蔵。専用の独自プロセッサ『VR1』を搭載しています。名称はともかく、単体で動くMRゴーグルであれば、GPUを重視した独自プロセッサを積む可能性は確かにありそう。


動画にはVRゴーグルとセットで『iPhone 13』も登場しています。


この『iPhone 13』は背面にサブディスプレイを搭載。今のところそのようなリークは登場していませんが、あったら便利そうですよね。


最後に『iPhone 13』とVRゴーグルがセットでドン。MRゴーグルは早ければ今年発表されるともいわれていましたし、もしかするとこんな感じの登場もあり得るのでしょうか。


ちなみに、このVRゴーグルの予測CGは『The infomation』が作成したこのイラストから設計されているようです。


Appleの久々の革新的デバイスとなりそうなMRゴーグルですが、こうした予測CGを見ているとだんだんイメージができますね!登場は早ければ今年か、2022年になるといわれています。

あわせて読みたい 👀



*本サイトに記載されたURLを経由して収益等が発生した際は、一部が製作者に還元される場合があります。


話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!