『iPhone 13 Pro』は野獣。リークされたA15 Bionicのベンチマーク結果が凶暴なまでに速い!


» » » iPhone 13の最新情報はこちら

外観の変化が乏しいことから「あんまり進化していない」と思われがちなiPhone 13シリーズですが、どうやら羊の皮を被った獣のようです。

iPhone 13 Pro』に搭載されているA15 Bionicのスコアや、『iPhone 13』シリーズなどのメモリ(RAM)容量などが発見されています。

Source:MacRumors, (2),9to5Mac,
*カテゴリー:テクノロジー technology

iPhone 13 Pro/iPhone 13 Pro Max及びiPad miniに搭載されているA15 BionicのGPUベンチマーク結果


ベンチマークソフト『GeekBench』に、A15 Bionic(5コアGPU版)を搭載した『iPhone 13 Pro』が登録されていることを『MacRumors』が発見しました。

発見されたベンチマークスコアは14216点。前モデルの『iPhone 12 Pro(A14 Bionic)』は約9123点だったため、ProモデルのA15 Bionicのスコアは比較してなんと約55%も向上していると『9to5Mac』は指摘しています。


また、5コアGPU版のA15 Bionicを搭載している新型『iPad mini』も同程度の性能になっていると考えられます。ただし『iPhone 13 mini』および『iPhone 13』のA15 BionicのGPUは4コアのため、今回判明したスコアよりやや低くなると考えられます。

なお発表イベントにてAppleは、Proモデルについて「スマートフォンで最も高速なグラフィックス性能を実現」しており、「主要な競合製品よりも最大50%高速」だと主張していました。

iPhone 13 mini/iPhone 13/iPhone 13 Pro/iPhone 13 Pro Maxのメモリ容量


『MacRumors』がXcode 13ベータを解析し、『iPhone 13』シリーズのメモリ(RAM)容量を明らかにしました。判明した容量は以下の通り。

  • iPhone 13 mini:4GB
  • iPhone 13:4GB
  • iPhone 13 Pro:6GB
  • iPHone 13 Pro Max:6GB

この結果が正しければ、RAM容量に関しては『iPhone 13』シリーズは『iPhone 12』シリーズと変わっていないということになります。

なお、同メディアによれば、『iPad mini』のRAM容量は4GBと前モデルより増加し、無印の『iPad』は3GBのままとのこと。ただしAppleはこれらモデルのRAM容量を公式に明らかにしていない点には注意が必要です。

話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!