「iPhone 14も画面下Touch ID非搭載」と著名アナリスト。折りたたみiPhone登場は2024年と報告


» » » iPhone&スマホの最新情報はこちら

Appleが新しい『iPhone 13』を発表しましたが、期待されていた指紋認証(Touch ID)は非対応となっていました。

著名アナリストのミンチー・クオ氏は以前、2022年に発売されるiPhone 14には画面下Touch IDが搭載されると予測していましたが、最新のレポートでこれを撤回しています。

Source:9to5Mac, MacRumors,FRONT PAGE TECH
*カテゴリー:テクノロジー technology

iPhone 14は画面下に指紋認証(Touch ID)搭載なし、2023年に延期と報告



テック系メディア『9to5Mac』が見たミンチー・クオ氏のメモによると、画面下に指紋認証を搭載したiPhoneの発売は2023年に延期されたとのこと。

開発の進捗状況が予想を下回っているため、画面下に指紋認証を搭載したiPhoneの発売は23年下期に、折りたたみ式iPhoneの発売は2024年に延期されると予想を修正しました。これにより、2022年と2023年のiPhoneの出荷台数が減少すると考えています。

経済紙記者のマーク・ガーマン氏は、Appleが『iPhone 13』でアンダーディスプレイTouch IDをテストしたものの、実装はされなかったと報告。続けて、Appleは上位機種のiPhoneではFace IDに全力を注いでおり、長期的な目標はディスプレイ自体にFace IDを内蔵することだ、と述べています。


ただしディスプレイ業界に詳しいロス・ヤング氏は、2023年のiPhone 14は全てのラインナップで指紋認証センサーを搭載するとリークしています。

また先日にはジョン・プロッサー氏がiPhone 14のデザインをリークしましたが、指紋認証センサーに関する言及はありませんでした。


注目度が高い分Touch IDに関する噂は多いですが、AppleがFace IDに注視しているとすれば、旧世代の機能であるTouch IDを今後復活させる可能性は低いでしょう。USB Cポートのように期待されながらも中々実装されない機能となるように感じます。

Apple専門の米メディア『MacRumors』は、クオ氏がiPhone 14 Proモデルがパンチホール型インカメラを採用したディスプレイと、リアカメラに48MPの広角カメラを備えていると主張していることも取り上げています。また、同アナリストはどのiPhoneモデルが指紋認証センサーを搭載する可能性があるかなどの詳細は示さなかったとのこと。


前述の通り、クオ氏は現在、Appleの折りたたみ式iPhoneのリリースは2024年まで延期されたと報告しています。

折りたたみ式iPhoneに関しての噂はまだまだ不確定なものが多いですが、クオ氏はハイエンドスマートフォンの最も重要なセールスポイントになるかもしれないと考えている、と『9to5Mac』は報告しています。同アナリストは今年初め、Appleが2023年に最初の折りたたみ式iPhoneを2,000万台出荷すると予想していました。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!