iPhone 14は「完全に再設計される」と経済紙記者。ノッチ廃止でデザイン大変化、Touch ID搭載は延期のウワサ


» » » iPhone&スマホの最新情報はこちら

来年発表される見込みのiPhone 14について、海外経済紙記者のマーク・ガーマン氏がニュースレターで新しく報告しています。

Source:MacRumors, 9to5Mac, Front Page Tech
*カテゴリー:テクノロジー technology

iPhone 14はデザインが大幅変更と経済紙記者。パンチホール型カメラを採用とのリークも



『9to5Mac』が引用したガーマン氏のニュースレターによると、iPhone 14には「新しいエントリーモデルとProモデルの完全な再設計」が期待できるといいます。

今年発表された『iPhone 13』には前モデルからのマイナーチェンジにとどまりましたが、同氏によればこれは「Appleのエンジニアが、より時間のかかる大きなことに裏で取り組んでいたことを意味している」とのことです。


AppleがiPhone 14を完全に再設計するという話は、これが初めてではありません。著名アナリストのミンチー・クオ氏は以前、Appleは2022年にiPhone 14 Proからノッチを廃止し、パンチホールデザインを採用すると述べています。

これについて『MacRumors』が報じた内容によれば、この設計では、Face IDセンサーはディスプレイ下に埋め込まれる可能性があるとのこと。リアカメラには48MPの広角レンズが初めて採用されるとクオ氏は主張しています。


ディスプレイ内蔵型のTouch IDについては「Appleはこの技術に取り組んでいるが、2022年のiPhoneラインナップに間に合うかどうかはまだわからない」とのこと。同氏は先日、この機能は2023年モデルへ延期されたと報告しました。

また、著名リーカーのジョン・プロッサー氏は、ノッチが廃止されたiPhone 14 Pro Maxの実写画像を見たと主張しており、パンチホールデザインの裏付けています。


プロッサー氏のリークでは、iPhone 14は飛び出していないリアカメラなど、正に「完全な再設計」が施されたモデルとなっています。


ガーマン氏はデザインについて詳しく語っていませんが、これらの噂を総合すれば、iPhone 14は本当にプロッサー氏が公開したCGのようなモデルになるのかもしれません。

話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!