iPhone 13シリーズで最もバッテリー持ちが良いのは?意外な検証結果


» » » iPhone&スマホの最新情報はこちら

iPhone 13』シリーズなどのバッテリー持ちを比較する検証動画を、海外YouTuberのMrwhosetheboss氏が公開しています。

Source:Mrwhosetheboss, iFixit
*カテゴリー:テクノロジー technology

iPhone 13のバッテリー持ちはiPhone SEの2倍以上


今回比較検証されたのは、現在でもApple公式ストアで購入可能な『iPhone SE』、『iPhone 11』、『iPhone 12』、そして9月に発売された『iPhone 13』シリーズです。

このバッテリー持ちのテストは、軽いSNSの閲覧から始まり、重いゲーム、そしてスマートフォンで最も負荷のかかるカメラの使用で構成されています。

結果は以下の通り。

  • iPhone SE:3時間38分
  • iPhone 11:4時間20分
  • iPhone 12:5時間54分
  • iPhone 13 mini:6時間26分
  • iPhone 13:7時間45分
  • iPhone 13 Pro:8時間17分
  • iPhone 13 Pro Max:9時間52分

最も最初にバッテリーがなくなったのは『iPhone SE(2020)』。3時間38分でバッテリー残量が0%になりました。


対して、『iPhone 13』の記録は7時間45分。SEモデルの2倍以上のバッテリー持ちで、前モデルからは約2時間バッテリー持ちが良くなっています。

さらに興味深いのが、『iPhone 13 Pro』がベースモデルの『iPhone 13』より長い8時間17分を記録していることです。『iFixit』による『iPhone 13 Pro』の分解レビューでは、大型化したカメラユニットの影響で、『iPhone 13』よりもバッテリーサイズが小さいと報告されています。

※iPhone 13 Pro(左)とiPhone 12 Pro(右) 画像:iFixit

『iPhone 13 mini』も意外と健闘。結果は6時間26分と、前モデルの『iPhone 12』よりもバッテリー持ちが向上していることが分かります。

そして最もバッテリー持ちが良かったのは9時間52分を記録した『iPhone 13 Pro Max』。そもそものバッテリーサイズが大きいため、当然の結果とも言えるでしょう。また、『iPhone 13 Pro』のバッテリー持ちが良かったことを考えると、Proモデルに採用された可変リフレッシュレートも大きな効果を発揮しているのかもしれません。

全体的な結果としては、『iPhone 13』シリーズは間違いなくバッテリー持ちが向上していると言えるでしょう。Mrwhosetheboss氏はこのテストについて「5時間持てば良いほうだ」としていたため、どのモデルもバッテリーに関しては問題はなさそうです。




参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!