ニュートンαの評価・適正、SS倍率をモンスト攻略班が徹底解説! ユーザーの評価&反応も!

ニュートンαの評価点数(10点満点)

評価担当
アルト
モンスト攻略ライターアルト
「高難易度クエストで活躍できるかどうか」を重点的にチェックするタイプ。
汎用性が低くても、特定のクエストで大暴れするキャラに高い点数を付けることが多い。
また「派手で強力な友情コンボ」が好きで、とくに“アタッチボム”が最近のお気に入り。
ブラボー成田
汎用性、もしくは特定のクエスト特化キャラどちらかに振り切ってるキャラを評価するタイプ。
好きな撃種は貫通タイプ。


アルト:【8.5点】

ニュートンαはパワー型で高い攻撃力を持ち、さらに3種類のキラーも乗るという、「殴り」に特化したタイプのキャラです。

注目は新アビリティの「ライトポジションキラー」
ステージ内の右半分にいる敵へ1.5倍のダメージを与えられるという能力で、壁カンでダメージを稼ぐ際などに役立ちます。
また友情コンボにも効果があるため、パワー型でありながら友情による殲滅力も高められるのは、かなり嬉しいポイントと言えるでしょう。

ただし実際に使ってみると火力が高い反面、速度の遅さが少し気になるかもしれません。
8ターンから使える「貫通化+壁にふれると反射に戻るSS」で大きく加速できるので、それでスピードを補いながら戦うのがオススメです。

いずれ麻倉 葉帰蝶のような、加速を2回発動できてニュートンαとギミックの相性が良いキャラが登場することに期待したいところ。

また、いかにも高難易度系で活躍しそうな性能なのに、現環境では連れていけるクエストがあまり多くないのも惜しい点です。
逆に言えば、最適正クエストさえ登場すれば、唯一無二のアタッカーとして大活躍するというポテンシャルを秘めていることになるので、楽しみに待ちたいですね。

ブラボー成田:【8.5点】

基本5.0点に【プラス点】と【マイナス点】を加味して得点を出します。

【プラス点】
・3種のキラーを所持【+1.0点】
・強力な友情【+1.0点】
・2つのギミックに対応【+1.5点】

【マイナス点】
なし

【コメント】
トータルで8.5点です。

【2つのギミックに対応】
地雷・減速壁の2つに対応が可能。
光属性の反撃タイプと、撃種まで絞れば希少な対応ギミックを持つキャラと言えるでしょう。

【強力な友情と3種のキラーを所持】
戦型はパワー型でありながらも「全敵超強落雷」「放電」という強力な友情を所持。
さらに3種のキラーを素アビに持っているのも注目ポイント。

複数のキラーを持っているキャラは、大抵各キラーがそれぞれの敵に刺さるということが多いですが「ニュートンα」は違います。
「カウンターキラー」「レザバリキラー」「ライトポジションキラー」の3つは条件を満たしさえすれば、同時に発動することが可能。全て乗れば3.375倍もの倍率が乗ります。

もちろん殴り火力も強力。
Lv120超パワー型にした状態で「マインスイーパーEL」3つのキラーが乗れば、1撃の火力は40万を余裕で超える異次元の火力です。

今後高難易度クエストでの活躍を期待したいですね。

ニュートンαの適正クエスト

ニュートンαは、おもに「地雷」「減速壁」のギミックが登場するクエストで活躍できます。

エリュシオン【爆絶】
真・シヴァ【超究極】
※友情コンボで雑魚処理、SSでアタッカーとして活躍。ただし重力バリア未対応なので立ち回り注意。
ジューダス【超絶】
※ダメージウォールに注意。
未開の大地【拠点25】
未開の大地【9】

3種類のキラーが乗る強烈な殴り火力が持ち味のニュートンα。
もし今後、高難易度系クエストに適正がもらえれば、大暴れすることに期待が持てるでしょう。

ニュートンαのおすすめ神殿

:おすすめ
△:連れていけなくはない
×:連れていかないほうが良い

神殿 修羅場 時の間
火・壱
火・弐 ×
水・壱 ×
水・弐
木・壱 ×
木・弐
光・壱 ×
光・弐
闇・壱 ×
闇・弐

ニュートンαのおすすめ「わくわくの実」

※おすすめ順に記載しています。

  1. 同族の絆・加撃▶マイスイEL×3種のキラーが乗る直殴り火力を強化
  2. 同族の絆・加撃速/加命撃▶さらに攻撃力をアップ
  3. その他、加撃系全般▶ほかの味方との相乗効果を図る

ニュートンαの「レベルの書」&「戦型の書」おすすめ度

:おすすめ
△:ストックに余裕があれば使ってもOK
×:使わないほうが良い

レベルの書 戦型の書

(友情コンボとステータスの底上げが可能)
×
(「剣の効果アップ」や「初撃の威力が上がる」などの恩恵を得られるが、実装時点では希少なアイテムを使う必要性は低め)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!