「iPhone SE 3」などAppleが’22年春に発表する3つの新製品予測



» Appleが時価総額3兆ドルを達成、’22年のiPhone進化や「新たな製品」に期待




昨年、Appleは4月20日にイベントを開催し、忘れ物追跡タグ「AirTag」、M1チップを搭載した「iPad Pro」、M1搭載の「24インチiMac」などを発表しました。

テック系メディア「MacRumors」によれば、2022年の春も、Appleは新製品をいくつか投入する見込みです。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:MacRumors ,TrendForce

2022年春にAppleが発表する「3つの新製品」

台湾の調査会社TrendForceによると、Appleは第3世代のiPhone SEを2022年の第1四半期、つまりこの春にリリースする予定です。他にも、「27インチiMac」や上位モデルの新型「iMac mini」の投入がウワサされています。

5Gに対応したiPhone SE 3


格安モデルであるiPhone SEシリーズの第3段として、iPhone SE 3が2022年の春に登場するとリークされています。

著名アナリストのミンチー・クオ氏によれば、iPhone SE 3では5G通信がサポートされ、より高性能なプロセッサ(iPhone 13に搭載されたA15チップと言われている)が搭載されるとのこと。デザインに関しては、4.7インチのディスプレイ、Touch IDホームボタン、太いベゼルなど、現行モデルと同様になるとしています。

価格についてクオ氏は以前、現行モデルとほぼ変わらず、5G対応のiPhoneとしては最安のモデルとなると示唆しています。

Appleシリコン搭載の27インチiMac


Appleは、ミニLEDディスプレイを搭載した新しい27インチiMacを2022年前半に発売することを計画していると噂されています。

ディスプレイ業界に詳しいアナリスト、ロス・ヤング氏によると、新しい27インチiMacはProMotionをサポートし、最大120Hzまでの可変リフレッシュレートに対応するとのこと。

リーカーの@dylandkt氏によれば、新しい27インチのiMacは、今年初めに発売された24インチのiMacと同様のデザインになるものの、色調はより暗いものになると主張しています。チップセットには、14インチおよび16インチのMacBook Proに採用されているM1 ProおよびM1 Maxチップが搭載されるとのことです。

Appleシリコン搭載のMac mini上位モデル


Appleは、2022年にM1 ProおよびM1 Maxチップを搭載した新しいハイエンド構成のMac miniをリリースすると予想されています。これはおそらく、新しい27インチiMacと並んで発表されることになりそうです。

Appleは2020年11月にM1チップを搭載したMac miniを発表していますが、これは下位モデルのみで、上位モデルはインテル製プロセッサを採用していました。27インチのiMacとMac miniがAppleシリコンに完全移行すれば、残るインテル製チップ搭載のMacは、デスクトップ型のMac Proだけとなります。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!