輝けマスク、響け声! RazerのRGBライト搭載マスク「ZEPHYR」に新たに拡声機能付きPROモデルが登場



» CES 2022 in ラスベガス:現地から「テクノロジー見本市」の最新情報をレポート

ゲーミングPC&アクセサリー界の「RGBライト番長」、Razerが約1600万色の発光ギミックを備えたN95マスク「ZEPHYR PRO(ゼファー・プロ)」マスクを発表。そのプロトタイプが米国ネバダ州ラスベガスで開催されていた「CES 2022」に展示されていたので、実物を写真におさめてきました。



*Category:テクノロジー Technology *独自取材

Razer「ZEPHYR PRO」マスクの実機フォト

同様の製品は去年(2021年)にも発売されていましたが、2022年モデルは「マスク内のマイクで声を拾い、マスク外のスピーカーから出す」という機能を新たに搭載したことが大きな進化点です。ピッタリとフィットするマスクをつけている状態でも、声を張りあげることなく会話ができるそうです。


マスクひもは後頭部で重量を支え、首でフィット感を高める構造。重量は不明ですが、不織布のマスクなどと比べるとかなり重くなりそうです。


RGBライトは明るい場所でみると少し見づらいですが、暗い場所ならインパクト抜群のはず。


公式サイトに記載されているおもな仕様は以下の通り。


なお、この製品は「150ドル前後で2022年中の発売をめざしている」とのことですが、正式な価格、発売時期、日本発売の有無などは取材時点では「未確定」との回答でした。なお、現在Razerの公式サイトには専用ページが開設されており「NOTIFY ME」からEメールアドレスなどを登録をしておくと、発売時に通知が受け取れるようになっています。

Razer「ZEPHYR PRO」公式製品ページ(英語)

(↑)画像をタップ/クリックするとリンク先ページへ移動します

Razerのゲーミング・デスク&チェア

「CES 2022」のRazerブースには同社が「世界初のモジュラー式ゲーミグデスク」と謳(うた)う「PROJECT SOPHIA」と振動フィードバック機能を備えたゲーミング・チェア「ENKI PRO HYPERSENSE」も展示されていました。


「PROJECT SOPHIA」はPCと一体化した机の天板にサウンドコントロールやPCシステムのモニタリング表示、ホットキー(ショートカット)などを表示し操作も可能にするというコンセプトです。会場で「モジュール交換の様子を見せて」とお願いしたところ「まだプロトタイプなのでできないよ」との回答。開発はまだ初期段階のようです。


「ENKI PRO HYPERSENSE」はチェアの下に触覚フィードバックを生む装置を備えており、展示機をよく見ると「ブルブル」と震えたり、傾いたりしている様子が確認できました。しかし、実際に座ることは残念ながらNGだったので、使用感までは不明です。


なお、デスク、チェアともにコンセプトモデルのため、正式な発売時期や価格は未発表です。

このほか、CES 2022取材の道中や現地レポートは動画でも公開していますので、ぜひ、チェックしてみてください!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!