iPad向け有機ELディスプレイを韓国LGと中国BOEが準備中。画面が「より明るくなる」理由とは?



» なぜAppleは「iPod touch」を終わらせるのか?




韓国LGが、次世代iPad向けの有機ELディスプレイをAppleに供給する準備を進めていると、韓国系メディア「ETNews」が報じています。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:ETNews ,MacRumors(1) ,(2)

iPad向け有機ELディスプレイの生産準備が進行中


iPadシリーズでは現在、ProモデルではミニLEDディスプレイ、下位モデルでは液晶ディスプレイが採用されています。

最近では、iPadシリーズでもiPhone同様に有機ELディスプレイを採用するとリークされています。「ETNews」によれば、iPad用の有機ELディスプレイをAppleに供給するための準備として、LGが韓国のパジュ市にある工場を拡張するとのことです。


この工場で生産が本格的に開始するのは2024年になるとのこと。これらの時期は「有機ELディスプレイ搭載iPadが2023年から2024年の間に発売される」としている他の情報とほぼ一致しています。

Apple専門の米メディア「MacRumors」は、中国のディスプレイメーカーBOEも同様にiPad向け有機ELディスプレイを供給する準備を進めていると指摘しています。

同メディアによれば、BOEは最大15インチのiPad向け有機ELディスプレイを開発しているとのこと。実際に15インチサイズのiPadが登場するのかは不明ですが、経済紙記者のマーク・ガーマン氏は以前「Appleはより大きなディスプレイを備えたiPadを模索している」と述べていました。

また、BOEでは、発光層を2層持つ有機ELディスプレイを製造することが可能で、これにより将来のiPadのディスプレイが大幅に明るくなる可能性もあるとのこと。

この技術が完成しているかどうかは不明ですが、現在iPad Proに採用されているミニLEDディスプレイは、有機ELディスプレイに比べて輝度が高いという特徴があります。この差を埋めるために、Appleがより明るい有機ELディスプレイを求めていても不思議ではありません。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!