「Spotify対Apple」が激化する音楽ストリーミング市場で今もっとも成長しているサービスとは?



» 34億円の和解金支払い、Appleが失敗を認めた「荷物検査」は何が問題だったのか?




調査会社MIDiA Researchが、世界の音楽ストリーミングサービス市場シェアをまとめた新しいレポートを発表しました。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:MIDIA ,9to5Mac

Apple Musicは音楽ストリーミング市場でシェア2位、1位は変わらずSpotifyが独走


このレポートは、2021年第2四半期を基準としています。このレポートによれば、Apple Musicは2番目に利用されている音楽プラットフォームですが、Spotifyにはまだ遠く及ばない状況です。

同レポートによると、音楽ストリーミングサービスに加入する人の数は急速に増え続けているとのこと。2021年の第2四半期までに、これらのプラットフォームのいずれかに加入している人は5億2,390万人で、2020年の同時期に比べて26.4%増加しています。

Apple Musicは全世界の音楽プラットフォーム契約数の15%を占めており、すでに7,800万人の有料ユーザーを突破したことになります。しかし、それでもSpotifyには遠く及びません。同社は2021年第2四半期までに1億6,000万人以上の有料会員を獲得しており、世界ランキングの1位を維持しています。


調査会社は、Spotifyの市場シェアが2019年の34%から2020年の33%、そして2021年には現在の31%に低下したことを指摘しています。現時点でSpotifyが首位の座を失うことはないでしょうが、競合他社にユーザーを奪われているのは確かです。

なお、Apple Musicの次にはAmazon Musicが13%のシェアで続いています。そして、急成長を遂げているのがYouTube Musicです。MIDiA Researchは、同サービスが2年連続で最も急速に成長しており、現在のシェアは8%まで達していると指摘しています。

注意するべきは、2021年に音楽ストリーミングサービスの加入者数が全体的に増加したにも関わらず、各社の収益の大幅増加につながっていないということです。これは、Apple Oneのようなファミリープランや特別なバンドル、新興国での値下げなどにより、支払いが減ったユーザーが増えているためです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!