数億円を「たった1つのジェスチャー」で稼いだ若手インフルエンサーの正体



» 【悲報】いまiPadを買っても、2ヶ月ぐらい届きません




たった1つの仕草で、何も喋らずに数億円を稼いだ世界的なTiktoker、カベンネ・ラメ氏のサクセス・ストーリーを海外YouTubeチャンネル「TheRichest」が解説しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:TheRichest ,Wikipedia

たった1つのジェスチャーで「世界2位」まで上り詰めたTiktoker


2021年現在、「カベンネ・ラメ(Khaby Lame)」として知られているセネガル生まれのTiktokerは、200万ドル以上の純資産を持っているといわれています。わずか21歳の彼は驚異的なスピードで世界的に有名なインフルエンサーとして成長し、Tiktokでは2番目にフォロワーの多い人物となっています。

彼が成功した理由は、徹底したとあるスタイルに集約されています。初期のラメは、ダンスやゲームの動画を投稿しており、特段目立った特徴はありませんでした。

転機となったのは、とあるTiktokerが「コップと数本の結束バンド」を組み合わせて「取っ手付きのコップ」を作る投稿に対するリアクション動画でした。ラメがやったのは、水の入れたコップを持ち上げ、「こうするだけでいいじゃないか」というふうに、ちょっと大げさに肩をすくめるジェスチャーをしただけです。


ラメのこのたった1つのジェスチャーは、何事も大ごとにしたがるTiktokerへの「皮肉」として、盛大にヒットを記録します。彼はこのスタイルの動画を繰り返し投稿し続け、最初のヒットからわずか1ヶ月で5万人以上のフォロワーを獲得。そこからは雪だるま方式で、最終的には1億1400万人ものフォロワーを獲得しました。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!