スティーブ・ジョブズが倒産寸前のAppleを救った「たった1つの製品」



» 114億円超、Apple CEOの「巨額報酬」は妥当なのか?




Appleといえば、iPhoneやMacシリーズで大成功を収め、現在も最高収益を更新し続ける世界最大級の企業です。しかしそんなAppleも一時期、倒産の危機に瀕したことがありました。

そのときに、Appleを救ったのが故スティーブ・ジョブズです。このストーリーについて、Appleに詳しいYouTubeチャンネル「Apple Explained」が解説しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:Apple Explained ,Wikipedia

スティーブ・ジョブズが去ったAppleが、倒産の危機に陥った理由


Appleは1977年に発売された「Apple II」というコンピュータで成功を収め、1984年には「Macintosh」を発売しましたが、どちらの製品も老朽化していました。

当時はWindows OSを搭載したコンピューターが主流になっており、Macintoshよりもはるかに安い価格で販売されていました。これによってWindows OSが普及し、ソフトもWindows向けのものが増加します。

一方「Macintosh」は独自のOSを搭載していたものの、価格が高かったため、普及につながりませんでした。当時スティーブ・ジョブズはAppleから離れており、コンピューターの販売は低迷し、会社の収益も枯渇していました。

CEOのジョン・スカリーは、Newton MessagePadで業界に革命を起こそうしますが、これは失敗に終わります。焦ったAppleの幹部は「売り上げを伸ばすためには、機種を増やせばいいのだ」と考え、90年代末には20種類近いモデルの「Macintosh」が販売されていました。


結果的に、「Macintosh」のラインナップはあまり複雑なものとなってしまいます。当時はAppleの販売員でさえ、どのモデルがどのユーザーに適しているのか把握できないほどの状態だったそうです。

そんなときにAppleは、スティーブ・ジョブズが立ち上げた「NeXT」という会社を買収します。この買収でスティーブ・ジョブズがAppleに戻ることにより、状況は好転しはじめます。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!