Apple Watch&スマートウォッチで相場情報やカレンダーをチェック、発注もできる「GMOクリック FXneo」が強力!

取引高世界No.1(※1)を謳うFX(外国為替証拠金取引)プラットフォームの『GMOクリック FXneo』が提供するApple WatchとAndroid系スマートウォッチのアプリが進化を続けています。

PCやスマートフォンを取り出すことなく、ウェアラブル端末のみでイベント・カレンダーやチャートをチェックし、素早く発注までできる機能を備えている強力な仕様となっているようなので、その機能を『Apple Watch』版アプリでチェックしてみることにしましょう。



*Category:テクノロジー Technology|Source:GMOクリック証券*1:ファイナンス・マグネイト社調べ、2020年1月~2021年12月

『GMOクリック FXneo』とは?


『GMOクリック FXneo』は「取引コストの安さ」と「パソコン&スマホに対応した取引ツール」「高水準のスワップポイント」が特徴です。

GMOクリック証券『FXネオ』の3大特徴

さらに、取引や口座維持などの各種手数料も「0円」とローコストでの運用が可能な点も魅力。

GMOクリック証券『FXネオ』の取引手数料などは0円

また、2005年設立の”老舗”ということもあり、FXトレーダーの中では定番のプラットフォームとして人気となっています。

『Apple Watch』アプリの外観とおもな機能

トレードに必要な情報をApple Watchの画面に表示し、チャート確認から発注までが一気通貫で行なえるのが『GMOクリック FXneo』アプリの強み。まさに相場を手にする(腕にする?)機能です。

ホーム画面と通貨ペア一覧


「ホーム画面」では建玉の余力や証拠金維持率などの基本情報を表示。画面をスワイプで「通過ペア」に切り替えると主要な通貨のレートが一覧で確認できます。

カレンダーとチャート、注文


「経済カレンダー」の画面では主要なイベントを表示でき、相場を左右するような出来事を素早く把握できます。

また、任意の通過ペアをタップすることで「チャート」の表示が可能となっており、相場の流れをサクッと把握できます。「チャート分析やPCでやる」という方も多いかも知れませんが、それでも簡易なチェックですぐにできるのは便利なはず。最後に「スピード注文」機能を使えば、ウォッチ上からの操作のみでトレードが完結できます。

なお、『Apple Watch』のコンプリケーションに『GMOクリック FXneo』を表示する設定は下記の通りです(事前に『iOS』と『Apple Watch』向けのアプリのインストールが必要です)。

文字盤をカスタマイズする方法

  • Digital Crown を押して文字盤を表示します。
  • ディスプレイを長押しします。
  • 左右にスワイプして文字盤を選択し、「編集」をタップします。
  • 左右にスワイプして機能を選択し、Digital Crownを回転させて変更します。

Apple

また、『Apple Watch』ならではの機能として、手元(腕)で通知を受け取れる点も特徴です。この機能を活用すれば相場を左右するような発表をうっかり見逃すということがなく、また、そこから素早く発注まで行えるのでトレードのチャンスを逃しません。

無料で使えるデモ・トレード機能あり

「GMOクリック FXneo」はデモ取引が登録ナシで行なえます。iOS/Androidアプリをインストールするだけで、チャートや注文など、本番の取引環境と同様の操作が可能点が魅力。目まぐるしく変化する相場をタイムリーにウォッチしたいなら、Apple Watch連携は要注目の機能。気になった方はいますぐ下記のリンク先をチェックしてみてください。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!