BTSがグラミー賞でパフォーマンスを披露、インタビューで答えた内容は?テテが出演女性に「耳元で囁く」シーンも!【翻訳】



» iPhoneにこれが表示されたら、絶対に無視しないで




第64回グラミー賞にノミネートされた韓国のアイドルグループ「BTS(防弾少年団、バンタン)」がパフォーマンスを披露。また、グラミー賞の司会者がBTSに短いインタビューを行っています。

*Category:テクノロジー Technology|*Source:Grammy ,Variety ,TongTongCulture

グラミー賞司会者がBTSにインタビュー「英語はどこで学んだの?」


BTSは米国の音楽賞「グラミー賞」のポップ・グループ部門で「Butter」がノミネートされ、注目を集めていました。残念ながら受賞は逃してしまいましたが、会場では素晴らしいパフォーマンスを披露しました。

また、2年連続でグラミー賞の司会を務めるトレバー・ノア氏が、BTSに短いインタビューも行っています。彼は受賞式の前に、「BTSは今まで見た中で最も好きなパフォーマー」と答えていました。


トレバー:通常司会者は予定どおり進行することでお金をもらいますが、代わりにBTSとこの瞬間を過ごすという報酬を受け取ることにしました。世界最高のバンド(アイドルグループ)、BTSに拍手!

(歓声に答えるナムとグク)


トレバー:まず、ここ(ラスベガス会場)に来てくれて嬉しいです。以前のグラミー賞でも(BTSは)登場していましたが、その時は韓国からの出演でした。でも今日は直接ここにきています。みんなどうですか?

(ナムが通訳してメンバーに伝える)


グク:最高!

ナム:グレート!超最高!

トレバーは「イイね!」と返事し、ナムに「色々な噂を聞いたけど、フレンズ(アメリカのドラマ)で英語を勉強したって言うのは本当?」と質問しました。


ナム:そうです。フレンズは私の英語の親みたいなものです。

フレンズは「社会に出てもなかなか大人になれない」登場人物の日常を描き、世界で大ヒットしたアメリカのドラマです。トレバーが続けて「フレンズの登場人物の誰に近いと思う?」と質問すると、「チャンドラーです」と答えています。

その後にはトレバーが「韓国ドラマで韓国語を学んでいるけど、だるまさんがころんだ(ムグンファコチピオッスムニダ)は空港とかで使える?」という、イカゲームをネタにした質問に、BTSのメンバーが爆笑するというシーンもありました。


グラミー賞では、様々な受賞者とBTSがツーショットを撮影しています。また、メンバーのテテ(V)が、シンガーソングライターのオリヴィア・ロドリゴの耳元で何かを囁くというサプライズなシーンもありました。

グラミー賞では、レコード賞と楽曲賞をシルク・ソニックが受賞。その他、イベントではウクライナのゼレンスキー大統領がサプライズ登場し、支援を求めたことが話題となりました。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!