このカラクリを知っても、まだ「iPhone SE」を買いたいと思いますか?



» 「マクドナルドでビットコイン支払いが可能になる」Strikeのジャック・マーラーCEOがBitcoin2022で発表




Appleは何種類ものiPhoneを販売していますが、その中でもiPhone SEシリーズは約5万円という圧倒的に安い価格設定となっています。

しかし処理性能に関していえば、10万円近くするハイエンドのAndroid端末にも匹敵するものとなっています。Appleはどのようにして、iPhone SEを低価格で提供することを可能としているのでしょうか?



*Category:テクノロジー Technology|*Source:Apple Explained(1) ,(2) ,Apple

「iPhone SE」シリーズのコスパが圧倒的な理由


当然ですが、iPhone SEシリーズがこれほどまでに安いのは、部品のほとんどに旧モデルのものを流用していることが関係しています。例えば、スマートフォンの中でも高価な部品であるディスプレイは、iPhone 8と同じものを採用されています。

さらに、カメラはiPhone 7に搭載されていたものと同じです。このように古い部品を使うことで、AppleはiPhone SEをより手頃な価格で提供することができます。


しかし、同じ筐体を使うことによって、大きなメリットを受ける別の部分があります。それが「組み立て工程」です。スマートフォンなどの生産ラインは通常、製品によって変わるため、部品以外にも組立のラインを変更するために莫大な費用がかかります。

ところがiPhone 8とSEの筐体はほぼ同じになっているため、新しい製造工程を必要とせず、ほぼ同じ生産ラインで組み立てることができます。サプライチェーンの規模が大きいAppleにとって、これは大きなメリットとなります。


つまりAppleは、低コストの部品と低コストの生産を組み合わせるにより、iPhone SEをわずか5万円程度という低価格で提供することを可能としているのです。

しかし、このような様々なコスト削減にもかかわらず、iPhone SEで得られる利益の総額は、ハイエンドのiPhoneに比べて高くありません。では、なぜAppleは、わざわざ低価格のスマホを提供するのでしょうか?

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!