もし地球に「実在する小惑星」が落ちたらどんな被害が発生するのか?



» 次世代のスティーブ・ジョブズと賞賛された女性起業家のヤバすぎる正体




もし地球に小惑星が落ちた場合、どのような被害が出るのでしょうか。衝突が地球に与えるダメージについて、海外YouTubeチャンネル「What If」が実在する惑星のサイズごとに解説しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:What If,wikipedia,

恐竜を滅ぼしたといわれる「チクシュルブ小惑星」の破壊力とは?

太陽系にある天体には多くの「小惑星」や「彗星」が存在しています。この2つは決して同じものではありません。


小惑星とは、私たちの住む惑星の形成初期にできた岩石質の残骸であり、100万個以上あると言われています。小惑星のほとんどは、火星と木星の間にある小惑星帯で太陽の周りを回っています。

彗星とは「凍ったガス」「岩石」「塵」からなる雪だるまのような天体です。太陽系には3,000個の彗星があり、太陽の周りを回っています。また、太陽に近づきすぎると溶けてしまい、惑星よりも大きな塵やガスの雲が発生します。

その「小惑星」「彗星」が、隕石となって地球に落ちてきたらどうなるのか、まずは過去の事例を元に考えてみましょう。


2013年2月に「チェリャビンスク隕石」がロシア上空で爆発しました。隕石の直径は約17mと隕石の中では比較的小さなものです。しかし、その時の爆発は大きく50万トンのTNTに匹敵するエネルギーを持っていました。これは広島に投下された原爆の約30倍の威力です。この隕石によって1,200人が負傷し、莫大な物的損害を与えたのです。


6,500万年前には、恐竜の大量絶滅をもたらした原因のひとつと考えられている「チクシュルブ小惑星」が地球に落ちました。「チクシュルブ小惑星」の大きさは幅が約10〜15kmととても巨大な隕石でした。メキシコのユカタン半島には、衝突の際に発生した幅180km、深さ900mのクレーターが存在します。


この小惑星が地球に衝突した時、近くにあった全ての物を破壊し、爆風は膨大な量の岩石を大気圏に送り込みました。そして、高さ1,500mにも及ぶ津波も引き起こしたのです。

また、煤煙は太陽光を完全に遮断する事はありませんでしたが、地球表面に届く太陽光の量を減らしました。その為、植物の生育は深刻な打撃を受け、それが食物連鎖に影響を与え、生態系全体の崩壊に繋がったのです。




参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!