【遊戯王マスターデュエル】弁天とコンキスタドール制限! レダメは許された。新禁止制限が公開

PlayStation4、PlayStation5、Nintendo Switch、XBOX ONE、XBOX SERIES X/S、Steam、スマートフォン対応ソフト『遊戯王マスターデュエル』にて、リミットレギュレーションの変更が告知されています。

5月9日より適用


2022年1月19日(水)より家庭用ゲーム機、1月27日(木)にはスマートフォンで配信を開始した『遊戯王マスターデュエル』。

2022年5月9日(月)より、新たなリミットレギュレーション(禁止制限)が適用されることが告知されました。

これにより、以下に記載するカードが規制対象となります。なお規制の適用に関しては、ランク戦での利用頻度から枚数判断をしているとのこと。

また規制については、現状の環境下における「対策が困難な状況を作り出す」場合や「早期決着によりデュエルの駆け引きの要素が著しく損なわれる」場合の是正が目的になっているようです。

【適用日時】
2022年5月9日(月)

■新たな制限改訂の対象となるカード

【新たに制限となるカード】

  • サーバー・エンジェルー弁天ー
  • 黄金郷のコンキスタドール

【新たに準制限となるカード】

  • D.D.ダイナマイト
  • 雪花の光
  • フュージョン・デステニー
  • 幻影騎士団ティアースケイル
  • 鉄獣戦線 フラクトール
  • 電脳堺悟ー老々
  • LLーコバルト・スパロー
  • プランキッズ・ロック
  • 魔救の分析者

【制限解除されるカード】

  • レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン

分解ボーナスがしばらく適用

今回の制限改訂で、過去に作成したカードに分解ボーナスが適用されることが発表されました。

対象となるのは、今回制限対象となったカード。制限で使える枚数が減った分だけ、分解する際にクラフトポイントに+20ptのボーナスがつきます。

対象期間は、リミットレギュレーションの適用後なので、今分解しないように気をつけましょう。

※分解可能カードが対象となります。
※分解するカードの表面加工に関係なく+20ptとなります。

【適用期間】
2022年5月9日(月) 16:30 〜 6月10日(金) 13:59

【関連リンク】

公式サイト

・公式Twitter(@YuGiOh_MD_INFO)

(C)スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI (C)Konami Digital Entertainment

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!