iPhoneが「Androidより優秀」といえる理由とは?



» Appleは「スティーブ・ジョブズの哲学」を失ったのか?




「iPhoneとAndroid、どっちが良いか」という論争は、両プラットフォームが誕生して以来、10年以上続いています。

もちろん、どちらのOSにもそれぞれ良い点はあります。今回はこの論争について「iOSがAndroidより優れている点」を、Appleに詳しいYouTubeチャンネル「Apple Explained」が説明しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:Apple Explained ,wikipedia(1),(2)

「iOS」が「Android」より優れている点とは?


まず、人々がAndroidではなくiOSを選ぶ一番の理由は「使いやすさ」です。Appleは、どんなユーザーでも使いやすい製品を作ることに重きを置いています。

iOSは、複雑すぎるインターフェースにせず、誰でも簡単にiPhoneやiPadが使いこなせるように、シンプルな設計になっています。


対して、Androidスマートフォンのメーカーは、独自のカスタマイズを施しています。つまり、同じAndroidであっても機種が変われば、外観や使い方が異なるという事です。その為、 ユーザーによってはAndroidはより複雑に感じることがあります。

そして、Androidの弱点であり、iPhoneの強みが「ハードウェア」「ソフトウェア」「チップ」などを別々の会社が開発しているか否か、です。

現在、世の中には何千種類ものAndroidが各社から出回っています。一方、iOSはAppleのみから発売され、少数の機種だけに搭載されています。


この差は、さまざまなところで影響を及ぼします。例えば、iOSで最も安い400ドル(約5万円)の「iPhone SE」はAndroidの中でフラッグシップと言える1,400ドル(約18万円)の「Galaxy S20 Ultra」よりも処理能力が高いといわれています。

このような結果になる原因は、AndroidスマートフォンとiPhoneの製造過程の違いにあります。


Androidのチップをよく製造している、クアルコムのようなメーカーは、何千種類ものAndroid端末で動作するような、万能のチップを作る必要があります。

一方Appleは、独自で「ハードウェア」「ソフトウェア」そして製品に搭載される「チップ」を一貫して製造している為、より最適化することができます。つまりサムスンやGoogleのスマートフォンよりもOSの力などを最大限引き出せるのです。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!