コムドットやまと「WinWinWiiin」に出演! 底辺から這い上がってきたやまとは今何を語る?

大人気YouTuberコムドットのリーダーやまとが宮迫博之、中田敦彦、山本圭壱によるYouTube番組「WinwinWiiin」に出演。3つのパートに分けて、今圧倒的人気を誇るコムドットについて分析。パート3ではYouTubeのオワコン化の原因についてや、宮迫チャンネルへアドバイスをするなど実力も実績も伴っているコムドットだからこそ語れる話をしてくれました。

そんなパート3の動画の詳細はファンの反応とともにご紹介します!ぜひご覧ください!

売れるための企画術とは?

今ではこんなに有名な彼らにも誰にも見てもらいない「底辺時代」があったわけですが、そこからどうやってここまで這い上がってきたのでしょうか。彼らの売れる動画企画術とは?

何かを持っている風に見せる

コムドットがまだ走り始めの時、こたつで鍋を食べてるだけで何百万もの再生を取れるようにしたいというのが目標だったそうです。しかし、そうなるためには自分達が何か惹かれるものを持っていなきゃいけないと考えたコムドットは、最終的に「何も持ってないのになんか見ちゃう人たちになる」という結論に至りました。

そして実際にTikTok上でインパクトのある企画動画の一部分を流し、それに興味を持った人たちがYouTubeへ移動し長尺オープニングという見せ方の違いで多くの人たちを引き込んでいくことに成功。

案件動画はやらない

今多くのSNSインフルエンサーは様々な企業から案件をもらい、それを自分のファンに向けて発信することで報酬を受け取っている人が増えてきています。もちろん自分が良いと思ったものを発信するのが大前提ですが、案件のやり過ぎによる信用問題も多いです。

そんな中でかなりの影響力を持つコムドットは案件動画をやらないことをファンに公言しています。「本当に良いものが来ない限り絶対やらない」という考えを持っていて、それによりファンのコムドットへの信用度が上がり、「コムドットが売るもの=良いもの」という風に思ってもらえるのだそうです。


オワコン化するYouTuber

出す動画全て100万回再生以上突破するコムドット。チャンネル登録者数が100万人が通常となった今、再生回数は10万程度しかないチャンネルが多い中でこの数字はかなりすごいことではないでしょうか。

そんなチャンネル登録者数は多くても再生回数は10万いかないオワコン化してしまったYouTuberについてコムドットやまとはどう見ているのでしょうか?

オワコン化の原因2つ

まず1番初めにあがったのがYouTubeに対する情熱の低下。様々な大物YouTuberとも繋がっているコムドットは彼らのYouTubeへの強い情熱を目の当たりにし、売れるべくして売れてると思ったそうです。

また、オワコン化原因のもう1つは企画で見せすぎていると話すやまと。「企画で見せすぎた結果、何か新しいことをやっても全くついてこない」と話しました。

何をやっても見てもらえる人たちを最初から作る」というのをベースにここまで走り続けてきた結果、コムドットはどんな企画を出しても再生回数は常に100万以上をキープできているということですね!

宮迫チャンネルへのアドバイス

芸能人のYouTube進出について話す中で、宮迫チャンネルが今後どうしていけば良いのかという話題に。やまとは悩みつつ、「若手芸人を入れた方がいい」とアドバイスをしました。

宮迫さんはテレビでも数々の癖のある芸人などを相手にMCを務めてきたこともあり、話すのも人にやらせたりするのもベテラン。しかしその良さがYouTubeで生かされていないことをやまとが指摘。

固定メンバーとして自由に動かせる若手芸人を置き、宮迫さんはゲストの良さを引き出しつつ面白いことを若手芸人にやらせるというスタイルがあっても良いのではないかとやまとはアドバイスしました。


ファンの反応は?

「ほんとに頭良くて全部1から100まで考えてるんだなって思えれるし日常でも勉強になることある」「トークに引き寄せる力魅力があって質問に対しての答えを聞くたびに饒舌に喋る姿に圧巻」「自分の年齢の半分以下のやまとさんから、これほどまで勉強になりまくって衝撃の連続だったのは、今までなかったという意味で最高」などのコメントが寄せられていました。

こんなに考えているのかが分かって素敵な動画でしたね!

多くの人にわかりやすい説明と話し方で、内容も学べることばかりですね!

コムドットというフィールドを抜けてみせたやまとの魅力

今回はコムドットはもちろんやまとの魅力がかなり爆発した動画だったのではないのでしょうか。売れるべくして売れるという言葉通り、コムドットも売れるべくして売れているのがよく分かりました。

地元のノリの裏にここまでの考えがあったことを知れたのはファンにとっても、ファンではない人でも良かったのではないでしょうか。今後もさらにコムドットから目が離せませんね!

サムネイルは以下より:

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!