iPhone 14 Pro「値上げも納得」3つの変貌



» iPhoneの「真のフル画面化」さまたげる最大の壁




iPhone 14 Pro」については様々なリークから、そのデザインの全貌がほとんど判明しています。これについて、著名リーカーのジョン・プロッサー氏が、3Dデザイナーのイアン・ゼルボ氏と協力し「iPhone 14 Pro」の詳細な予測CGを公開。動画ではリークを解説しています。



*Category:テクノロジー Technology|*Source:Front Page Tech ,Zelbo.nyc ,iDrop News

「iPhone 14 Pro」に訪れる3つの大変化


ジョン・プロッサー氏は動画の中で、「iPhone 14 Pro」の重要な変更点を3つ挙げました。

まず1つ目のリークが新カラーについて。iPhoneシリーズには毎年新たなカラーが登場しますが、プロッサー氏が聞いたリークでは、パープルは有力な新カラーだそうです。

こちらが「iPhone 14 Pro」のパープル。動画は、Appleの公式紹介映像のように仕上げられています。


2つ目の重大な変更点は、「iPhone 14 Pro」に史上初の48MP解像度のカメラが搭載される点です。これにより、Proモデルでは8Kビデオ撮影が可能となります。ただしセンサーサイズの大型化により、5%ほどカメラユニットが大きくなるとのこと。


望遠カメラも強化され、レンズの枚数が6枚から7枚に増加するそうです。


カメラユニットの増大以外では、「iPhone 14 Pro」の背面の全体的な見た目はほとんど前モデルと変わりません。


プロッサー氏は以前、デザインが大幅刷新された「iPhone 14 Pro」の予測CGを公開して話題になったことがありましたが、同氏はこれが「延期された可能性がある」と主張しています。


3つ目の大きな変更は、「iPhone 14 Pro」ではノッチが廃止され、2つのパンチホールが追加されるという点です。


左のモジュールはFace ID用のもので、右はインカメラです。なお、この変更にはノッチ搭載に比べ3倍の費用がかかっているとのこと。


他にも、「iPhone 14」シリーズに関わる大きな変更として、新チップA16がProモデルのみに搭載されるというリークも挙げられています。通常モデルには、前モデルと同じA15が搭載されるそうです。また、同モデルにはチタン製フレームの採用や、緊急連絡のための衛星通信機能が搭載されるとの噂もあります。

テック系メディア「iDrop News」によれば、「iPhone 14 Pro」シリーズの価格は100ドルづつ値上げされるとのこと。「iPhone 14 Pro」の価格は1099ドル(約14万円)スタート、「iPhone 14 Pro Max」は1199ドルからのスタートとなります。

iPhoneは度重なるインフレの影響により、値上げを免れないと見られています。リークされているProモデルの進化は「値上げも仕方ない」とユーザーを納得させるためのAppleの苦慮がみられるような内容です。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!