改悪の楽天モバイル「0円廃止」廃止後の乗り換え先キャリア・プランはどこがおすすめ?無料いつまで?


楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」が発表されました。

ただ、この新プランの評価には、賛否両論があります。そこで今回は、楽天モバイルから他社に乗り換えたいと考えている方に、オススメの乗り換え先を紹介していきます。




*Category:テクノロジー Technology|*Source:カオナシガジェット【元携帯ショップ店長】,楽天モバイル,povo2.0,日本通信

楽天モバイルから乗り換えるならどこの会社がオススメ?


最初に「Rakuten UN-LIMIT VII」のプランについて解説をしていきます。

「Rakuten UN-LIMIT VII」は、今までの「Rakuten UN-LIMIT VI」同様で従量制のプランです。

今までと何が変わったかというと「Rakuten UN-LIMIT VI」で好評だった「1GB以下0円」を廃止しました。

つまり、1GB以下の利用でも料金が発生するようになったということです。

料金としては、0GB~3GBで1,078円、3GB~20GBで2,178円、20GB以上で3,278円です。


このプラン変更によって、1GB以下の低容量ユーザーは、値上げとなってしまいます。

正直、プラチナバンドが利用できない楽天モバイルでこの価格設定は、高いように感じてしまいます。

ここでユーザーは、楽天モバイルをこのまま「継続」するのか、それとも他社に「乗り換える」のかを選択する必要があります。

電話番号を「安く維持」したいユーザー向けオススメプラン

電話番号を安く維持したいのであれば、KDDIのオンライン専用プラン「povo2.0」がオススメです。


「povo2.0」の基本料金は0円です。つまり回線を持っているだけだった場合は、維持費がかからないということです。


また、通信をする必要があった場合は、トッピングをすることによってテータ容量をチャージできます。


通信品質に関してはau回線を利用しているので、問題なく利用できるはずです。

「povo2.0」の注意事項

  • お手続き・サポートはすべてオンラインです。店頭・電話でのサポートはありません。
  • 何もトッピングしていない時のインターネットの速度は128kbpsです。
  • 180日間以上有料トッピングの購入等がない場合、利用停止、契約解除となることがあります。

「低容量の従量制」で運用したいユーザー向けオススメプラン

低容量しか使わないのであれば、日本通信の「合理的シンプル290プラン」がオススメです。


このプランは、容量1GBで290円スタートです。そして、容量が足りない時は、1GB(220円)単位で追加できます。


つまり、容量を使う月と、使わない月によって支払う料金が変わるということです。

また、容量の上限を設定することができるため、高額な請求がくることもありません。


当然、料金は設定した上限ではなく、実際に使ったデータ量に応じた金額の請求です。


例えば3GBを使ったら730円です。つまり、楽天モバイルよりも安いのです。

また、ドコモ回線を利用しているため、非常に繋がりやすいです。

「合理的シンプル290プラン」の注意事項

  • 初期手数料として、3,300円が発生します。(SIMカード・eSIMで初期手数料は同じです。)
  • 上限値に達した時は、アクセス制限がかかり、日本通信サイト及びマイページ以外のインターネットアクセスができなくなります。ただし、2022年6月30日までは暫定措置として低速度で利用できます。

「完全かけ放題」を使いたいユーザー向けオススメプラン

完全かけ放題を利用したい場合は、楽天モバイルを継続して使い続けることがコスト的には、安いです。

なぜなら、楽天には「Rakuten Link」というアプリがあるからです。このアプリから発信すれば、通話料は発生しません。


「Rakuten Link」自体には、基本料金は発生しません。つまり「Rakuten UN-LIMIT VII」の基本料金だけの支払いで完全かけ放題が使えるということです。


よって3GB以下の利用であれば、1,078円で完全かけ放題が利用できるということです。

ただし、「Rakuten Link」にも欠点があります。それは通話品質に波があるということです。

つまり利用環境によっては、通常電話よりも通話品質が乱れる場合があるということです。

高品質の通話品質を求めるのであれば「povo2.0」の「通話かけ放題」トッピングがオススメです。このトッピングは1,650円で利用可能です。


また「povo2.0」の通話は「Rakuten Link」と異なり、通常電話で発信することができるため、非常に高品質です。

コスト重視で選ぶなら楽天モバイル、品質重視で選ぶなら「povo2.0」です。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!