iPhoneが「ニンテンドーSwitch化」iOS 16の密かなアップデート


WWDC22で発表されたiPhoneの次期OS「iOS 16」ですが、密かにニンテンドーSwitchのコントローラーに対応していることが明らかになっています。


*Category:テクノロジー Technology|*Source:MacRumors ,@rileytestut

iOS 16はニンテンドーSwitchのジョイコン/Proコントローラーに対応


Apple専門の米メディア「MacRumors」によれば、iOS 16ではニンテンドーSwitchのジョイコンとProコントローラーのサポートが追加されていることが判明したとのこと。

この機能は、iOSアプリの開発者である@rileytestut氏によって確認されました。

iOS 16がNintendo Switch Proコントローラーにネイティブ対応!!!!

デルタ(同氏が開発するビデオゲームエミュレータ)で完全に動作することが確認できました😍。

@rileytestut氏は一連のツイートで、iOS 16が左右のコントローラを単体として、または両方を同時に1つのコントローラとして認識するようになっていると述べています。同氏によれば、スクリーンショットキャプチャとホームボタンを数秒間押し続けることで、ジョイコンを個別に使用するか、1つコントローラとして使用するかを切り替えることが可能とのこと。

また、iOS 16はSwitchのProコントローラーをサポートしていることも確認されています。

@rileytestut氏はこれについて「iPhoneが正式にスイッチになった」と大興奮。実際のところ、iPhoneとジョイコンをつなぐようなケースが登場すれば、見た目はほぼSwitchです。


iPhoneは2021年4月にリリースされたiOS 14.5以降、PS5のデュアルセンスやXbox Series Xのコントローラーもサポートしています。対応アプリはまだまだ少ないものの、サポートが進めばiPhoneをSwitch代わりに使うことも可能になりそうです。

Appleによれば、iOS 16のパブリックベータは7月に続き、秋にはアップデートとして配信される予定です。iOS 16の登場までにどんな対応アプリやケースが登場するのか、楽しみですね。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!