ジョブズの「初代iPhone発表会」が大博打だったワケ


初代iPhoneの発表会は、多くの人にとって史上最高の製品紹介だったと考えられています。

そんな発表会の裏話や苦悩について、Appleに詳しいYouTubeチャンネル「Apple Explained」が解説しています。




*Category:テクノロジー Technology|*Source:Apple Explained,wikipedia

初代iPhoneの発表会は、どのようにして「成功」したのか?


スティーブ・ジョブズがAppleのCEOだった頃、信じられないような製品発表が何度もありました。

例えば、ジーンズのコインポケットから「iPod nano」を取り出したり、封筒から「MacBook Air」を滑り出させたりする演出などです。


ジョブズが発表した製品の中で、最も象徴的だったのは、おそらく2007年に行われた初代iPhoneの発表でしょう。

このプレゼンでは、iPhoneの魅力を最大限伝えるためのストーリーが準備されていました。また、プレゼンを成功させるために、徹底的な準備も行われていました。


ジョブズは、巧みな話術によってステージ上で信じられないほどのカリスマ性を発揮します。

その魅力は、12年後に初代iPhoneの発表を見たユーザーが「今すぐ初代iPhoneを買わなければならない」と思わせるほどでした。

iPhoneが初めて紹介された当時、人々がどれほど興奮したかは容易に想像ができます。


しかし、ガジェットに詳しくない人には、初代iPhoneの紹介がなぜそれほど特別だったのか理解することに苦労するかもしれません。

そこで、まずはイベント全体を俯瞰して見てみましょう。

AppleやMicrosoft、Googleなどのテック企業が新製品を発表する場合、通常は講堂や劇場でイベントを開催し、メディアやソフトウェア開発者、さらには学生を招待します。


これは、新製品に対する興奮を生み出す方法として実に効果的です。その結果、新製品は、多くの宣伝を無料で得ることができます。

そして、ステージ上で製品が公開され、発表会終了後に、来場者が新製品を体験することができるのが一般的です。

しかし通常、企業は新製品やサービスを公開した後、ステージ上でライブデモを行うことはありません。

それには、いくつかの理由があります。ライブデモは余計な準備が必要になり、うまくいかない場合があります。また、製品やサービスがまだ十分に開発されていない可能性もあります。


そのため、観客の前で誤作動を起こす可能性が高くなります。よって、多くの企業は新製品の仕組みを説明するだけで、ライブデモを省くのです。

ところがジョブズのやり方は少し違いました。彼は、主要な製品の発表の際には、ライブデモを行うことにこだわりました。当然、初代iPhoneも例外ではありませんでした。

しかし、iPhoneにはいくつかの問題がありました。


iPhoneの発売は、発表会から半年後でした。つまり、発表会段階では開発中であり、当然バグも多数ありました。

例えば、iPhoneのハードウェアに最適化されていないアプリを使用すると、メモリ不足によってクラッシュする可能性があります。

また、「Safari」を使ってから「メール」アプリを使うなどの、特定の順番でタスクを実行すると、アプリがクラッシュすることもありました。しかし、その順番を逆にすると、正常に動作するのです。


さらに、iPhoneはまだ生産されていないため、100台ほどしか存在しないなど、ハードウェア上の問題もありました。

そして、ワイヤレス接続にも大きな課題がありました。

会場には5,000人もの観客がいました。その多くが独自のワイヤレスネットワークを持っているため、iPhoneに干渉する可能性があったのです。


また、観客が信号をハッキングできないように、Appleのネットワークを隠し、安全性を確保する必要もありました。

さらに、基地局との接続に関しても、iPhoneの無線ソフトウェアはバグが多かったため、頻繁にクラッシュし、デバイスがネットワークに接続できなくなり、通話が途絶えることもありました。

その上、ジョブズはiPhoneのデモ機を大画面に映し出すことも望みました。ただ、これは見た目よりもずっと難しいことでした。


通常、企業が自社製品を大画面に映したい場合、ライブカメラを設置すれば済む話です。

しかし、ジョブズはそれだけでは満足しませんでした。ジョブズは、実際に携帯電話を持っているような感覚でデモを見てもらいたかったのです。


このように、ライブデモを成功させることがいかに大変なことか、そしてなぜ多くの企業がそれを敬遠するのか、おわかりいただけたと思います。

Appleはどのようにしてこれらの障害を克服したのでしょう。

ジョブズは、iPhoneのバグに対処するために、ステージ上に複数のデモ機を用意しました。

そして、ジョブズはクラッシュする前にデモ機を切り替えられるようにしたのです。


また、エンジニアは何百種類ものデモ機を丹念にテストし、クラッシュの可能性が最も低いものを探しました。

ジョブズはステージ上で小冊子に記載された「ゴールデンパス」を見ていました。

「ゴールデンパス」には、どのアプリをいつ開けばいいのか、そして失敗の可能性を最小限に抑える方法が記載されていました。


また、AppleはAirMac無線ベースステーションを動かすソフトウェアを、アメリカでは許可されていない日本の周波数で動作するように変更する必要がありました。

なぜなら、観客が信号の場所を特定し、ハッキングすることを防ぐ必要があったからです。

また、iPhoneを携帯電話ネットワークに接続し続けるために、アメリカの通信キャリアに携帯用セルタワーを持ち込まさせ、強力な電波を確保しました。

しかし、iPhoneには、無線ソフトにバグがあるという問題もありました。

そこでAppleは、無線がクラッシュして再起動したときに観客に気づかれないように、実際の電波強度や無線の状態にかかわらず、常にアンテナが5本立って見えるように細工しました。


さらに、iPhoneのディスプレイを完璧にミラーリングするために、Appleのエンジニアは何週間もかけて回路基板、ビデオケーブル、ソフトウェアを追加しました。

実は、本番前の練習で、ジョブズがプレゼンテーションをスムーズにこなせたのは数回だけだったのです。

そのため、本番の発表会では、Appleのマネージャーやエンジニアは非常に緊張したはずです。そして、ジョブズが無事にプレゼンを終えると、iPhoneチームはその日、酒を飲んで過ごしたそうです。


こうしてみると、彼らが成し遂げたことが奇跡に等しいことがよくわかります。つまり、iPhoneの開発はもちろんのこと、その発表やライブデモは、さらに一段高い次元で行われていたということです。

そして、業界全体に与えた影響も重要です。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!