新型「iPhone 14」はデザイン変化なし、でもProモデルはカメラが劇的進化というリークの詳細


9月に登場する見込みの「iPhone 14」シリーズ全モデルのモックアップが、海外YouTubeチャンネル「iupdate」が公開されています。




*Category:テクノロジー Technology|*Source:iupdate ,MacRumors

「iPhone 14」にMaxモデル登場、通常モデルは13とほぼ変わらず


モックアップの「iPhone 14」シリーズは、Proモデルを含め4種のラインナップとなっています。このシリーズではminiモデルが廃止され、代わりに大画面のMaxモデルが追加されるようです。

「iPhone 14 Max」のサイズは6.7インチ。6.1インチの通常モデルと比較すると一回り大きめです。


Pro Maxモデルとはほぼ同じサイズ。このサイズの大画面モデルが1000ドル以下の価格で発売されるのは初めてのことだ、と「iupdate」は指摘しています。


6.1インチの通常モデルの外観は、ほとんど前モデルの「iPhone 13」と変わりません。「iupdate」によれば、カメラの厚みやノッチのサイズに関しても、違いは無かったとのこと。


著名リーカーのミンチー・クオ氏によれば、このモデルが搭載するプロセッサは前モデルと同じ「A15」になるとされています。メモリ(RAM)のサイズが6GBに増加するなど細かなアップグレードはあるそうですが、全体的にはほとんど変わらないモデルとなるようです。

対して、Proモデルは大きく変わっていることが分かります。こちらが「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」。


「iPhone 13 Pro」(左)を「iPhone 14 Pro」(右)を比較すると、カメラユニットのサイズがかなり異なることが分かります。クオ氏は、このモデルが史上初の48MP解像度カメラセンサーを搭載するとしており、カメラの大型化もそれによるもののようです。


Proモデルではノッチが廃止されるという説が有力です。モックアップではやや分かりづらいものの、ノッチの代わりに楕円形と円形の2つのパンチホールが搭載されていることが分かります。


なお、Proモデルには新チップ「A16」が搭載され、Proの名にふさわしい高スペックスマホとなるようです。「iPhone 14」シリーズは、通常どおりであれば今年の9月に発表される見込みです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!