違法アップロードを繰り返す凶悪ウェブサイト「パイレート・ベイ」を潰せない理由


パイレート・ベイ」というサイトは、おそらく世界で最も悪名高いウェブサイトの1つです。2003年に開設されて以来、パイレート・ベイは映画、ソフトウェア、ゲームを海賊版で入手できるトップクラスのサイトとなっています。

パイレート・ベイが誕生した理由と、創設者がどのようになったのか、そしてなぜ警察がその取り締まりに苦戦しているのかについて、海外YouTubeチャンネル「Logically Answered」が解説しています。




*Category:テクノロジー Technology|*Source:Logically Answered,wikipedia

「パイレート・ベイ」というサイトとは?


パイレート・ベイの存在は著作権者や警察を激怒させました。そのため、サイトを閉鎖して海賊版を処罰しようとしました。しかし、何度閉鎖してもサイトが再開されるのはいつも時間の問題です。この問題を解決するためには、創設者を取り締まる必要があると考えられました。

そこで警察は、創設者を追いかけ、刑務所に入れ、考えられる限りのあらゆる著作権侵害の罪で起訴したのです。それでも、パイレート・ベイはまだ生き続けています。また、創設者のひとりは、パイレート・ベイを存続させるために刑務所に入ることを望んでいます。

パイレート・ベイの起源はスウェーデンの「Piratbyran」(海賊局という意味)という組織にさかのぼります。その名が示すように、この組織は政治的なコネクション、請願、ロビー活動を通じて海賊行為を合法化することに重点を置いていました。

また、この団体のほとんどの人は、情報がインターネット上で自由に広がることを認めるべきだと考えており、知的財産という考え方に疑問を抱いていました。

実際、海賊版は企業にとって有益であると主張する人さえいます。なぜなら、海賊版は高価なソフトウェアやゲームを、本来のユーザー以外にも広く普及させることができるからです。そして、一度そのゲームやソフトにはまると、2度目、3度目は実際に購入する可能性が高くなるのです。

WindowsやAdobeのCreative Cloud、さらにはGrand Theft Autoのようなソフトは、海賊版がなければ今日のような人気を得られなかったことは間違いないでしょう。

このような理屈がピラトビランの基本的な枠組みでしたが、2003年9月、彼らはこれを次の段階に進めることを決意します。そこでピーター、ゴットフリッド、フレドリックという3人のピラトビランの社員が、パイレート・ベイというファイル共有サイトを立ち上げたのです。このアイデアは、この数年前にデビューしたBitTorrentに触発されたものです。

当初、パイレート・ベイはメキシコのサーバーで運営されていました。ゴットフリッドは、メキシコにサーバーを持っている雇用主を説得し、サイト運営に協力させていました。しかし、彼の雇用主が手を引くまで長くはかかりませんでした。そこで、創設者たちはサイトを本国に持ち帰ることになりました。ゴットフリッドは、256メガバイトのRAMしかない自分のPentium 3ラップトップを使ってサイトを運営することになったのです。

しかし、2003年当時はファイル共有サイトの数が限られていたため、基本的な設定にもかかわらず、海賊版が増加するのに時間はかかりませんでした。2004年末には、パイレート・ベイのユーザー数は100万人に達し、6万個のファイルが共有されるようになりました。

サイトの成長とともに、3人はサーバーやデータベースを導入して事業を拡大し、ラップトップサービスをファイル共有の国際的なハブへと変貌させました。そして、2006年には、音楽や映画、ソフトウエアやゲームなど、ありとあらゆるものがこのサイトで共有されるようになりました。

さらに悪いことに、パイレート・ベイはこうした活動から距離を置こうともしませんでした。一方、Mega.nzのような他の人気海賊版サイトでは、法律上の問題を最小限に抑えるために善人ぶった態度を取ろうとするところもありました。

しかし、パイレート・ベイの場合はそのような態度は取りませんでした。彼らは、インターネット上で自由な情報共有を可能にすることに誇りを持っており、偽物のペルソナの後ろに隠れるつもりはありませんでした。そして、パイレート・ベイは、何十通もの著作権侵害や停止勧告を受けることになりました。しかし、創設者たちはアクションを何も取りませんでした。

警察は何年もこの新しいサイトを無視しようとしていましたが、サイトの人気が高まるにつれ、取り締まりを求める圧力が強くなってきていました。そして、2006年、ついに取り締まりに踏み切ったのです。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!