Switchを「猛暑日に外で使ってはいけない」理由


携帯ゲーム機の大きな魅力のひとつは、当然ながら家の外でも遊べるということです。しかしここ数週間、世界各国が記録的な猛暑に見舞われていることから、ニンテンドーやValveといったメーカーは、35度を超える環境でゲーム機を使わないよう、ユーザーに注意を呼びかけています。


*Category:テクノロジー Technology|*Source:ars technica ,@OnDeck ,@nintendo_cs

ニンテンドーやValveが「ゲーム機を35度以上の環境では使わないで」と警告


ニンテンドーは先週、「気温が高い場所でNintendo Switchを使用すると、本体の温度が高くなる可能性がある」とツイート。本体の温度が高くなりすぎると、自動的にスリープすることがあると注意喚起し、ドックも熱がこもらない場所に設置するよう呼びかけました。

また、携帯ゲーム機の「Steam Deck」を販売しているValveも、同ゲーム機が35度以上の環境では「性能を絞り始めるかもしれない」と注意喚起しています。

Valveによると、Steam Deckの内蔵APUは、チップ自体の温度が100度に達するとパフォーマンスの縮小を開始し、105度を超えるとシャットダウンするとのこと。


もともとニンテンドーとValveは、ゲーム機の「安全な動作範囲」の上限を35度としたサポート文書を公開しています。しかし、英国で初めて気温が40度を超え、世界各国に猛暑が訪れている今、両社がこの推奨事項を改めて周知させる必要性を感じたのは注目に値する出来事です。

テック系メディア「ars technica」によれば、Switchは最初のレビューで、ハイエンドゲームを長時間プレイしていると顕著に暖かくなることがあると指摘されていたとのこと。しかし、Switchのゲームのほとんどは最適化が進んでいるため、通常の温度条件下でプロセッサに過度の負担をかけることはないそうです。

Steam Deckの場合、プロセッサの温度はゲームの設定に依存します。Valveは、電力消費量とプロセッサの熱を抑えるためにフレームレートリミッターを内蔵していますが、システム設定や ゲーム設定を変更することで、熱くなることを抑えることができるそうです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!