iPhone 14で「消滅するモノ」3つ


2022年9月に登場する見込みの「iPhone 14」シリーズでは、史上初の48MPカメラ搭載など、様々な新機能が登場すると予測されています。しかし、新たな機能やモデルが追加される裏側で、消滅するモノも存在します。


*Category:テクノロジー Technology|*Source:MacRumors ,@DSCCRoss ,@ld_vova

ノッチも消える。iPhone 14で無くなるモノ3つ


「iPhone 14」シリーズでは、前モデルと比べ、主に3つのモノが消滅すると噂されています。

【1】ノッチが消えてパンチホールに


「iPhone 14」シリーズのProモデルでは、2017年の「iPhone X」以降搭載され続けたノッチが廃止され、代わりにパンチホールが搭載されるとの説が有力です。

ディスプレイ業界に詳しいアナリストのロス・ヤング氏によると、Proモデルにはだ円形と円形の2つのパンチホールが搭載され、1つはFace ID用、もう1つがカメラ用となるとのこと。

ただしこれはProモデル限定で、通常モデルは引き続きノッチを搭載します。Proモデルはこの変更により、ディスプレイの角の丸みや大きさにも若干の変更が加わるようです。

【2】miniモデルが廃止


iPhone 12シリーズで初登場した5.4インチのminiモデルですが、iPhone 14シリーズでは販売不振から廃止されると予測されています。

「MacRumors」によれば、14シリーズでは代わりに、6.7インチの画面を搭載した、Proモデルではない「iPhone 14 Max」が登場するとのこと。

これにより、iPhone 14シリーズは「iPhone 14」「iPhone 14 Max」「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」という4種のラインナップになります。

【3】SIMスロットが消える


「MacRumors」によれば、「iPhone 14」シリーズでは物理的なSIMスロットが消える可能性があるとのこと。

Appleは、2022年までにeSIMのみのスマートフォンの発売に備えるよう、米国の主要キャリアに助言しているとされており、iPhone 14の一部モデルがSIMスロットなしの最初のモデルとなる可能性が示唆されています。

ただし、eSIM機能はすべての国で利用できるわけではないため、一部の地域で販売されるiPhoneは引き続きnano-SIMスロットを提供する必要があります。日本向けモデルがどうなるかは不明ですが、少なくともAppleが廃止の方向で動いていることは確かなようです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!