次期iPad Pro「謎の新型ポート2つ」搭載の噂、USB-CやLightningではない


2022年に登場すると噂されている新型「iPad Pro」について、新規格の2つのポートが追加されるというリークが登場しています。


*Category:テクノロジー Technology|*Source:macotakara ,MacRumors ,Cult Of Mac ,@aaple_lab

新型「iPad Pro」は上下に4ピンのポートを搭載とのリーク


「iPad Pro」には、USB-Cポート、キーボードと通信するためのSmart Connector、Apple Pencilの充電器が内蔵されています。今回のリーク情報によれば、これらに加えて、さらに2つのポートが追加されるようです。

Apple関連の情報サイト「Mac OTAKARA」が共有した中国の情報筋からの情報によると、新型「iPad Pro」の12.9インチと11インチのモデルは、現行のiPad Proシリーズと同じ筐体デザインで、上下の側面に2つのポートを搭載するとのこと。

不思議なのは、このポートが4ピンであるとされていることです。Smart Connectorは3つのピンで、背面に搭載されています。充電ポートの可能性はありますが、MacのMagSafeポートは5ピンで、充電専用のため1つしか搭載されません。


また、経済紙記者のマーク・ガーマン氏は、新型「iPad Pro」は、iPhoneと同様にMagSafeワイヤレス充電に対応するとしていました。しかし、同氏はAppleロゴの部分がMagSafe充電ポートになる可能性があると主張していたため、今回の4ピンの2つのポートとはまた別のようです。

テック系メディア「Cult Of Mac」は、新型「iPad Pro」にUSB-Cポート追加の噂がないことについても指摘しています。新型「iPad Pro」には新たにM2チップが搭載されると噂されていますが、MacBook並にパワフルなのにも関わらず、有線接続と充電に使えるポートはたった1つのUSB-Cポートしかありません。

結局のところこのポートの正体は謎ですが、少なくとも新型「iPad Pro」のポート関連に大幅な変更が加えられることは確かなようです。例年通りであれば、このモデルは10月のAppleイベントで発表される見込みです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!