Appleが繰り出す「iPhoneに次ぐ革新的プロダクト」に高まる期待


登場が近いと噂されているAppleのAR/VRヘッドセットについて、著名アナリストのミンチー・クオ氏が新たなレポートを出しています。


*Category:テクノロジー Technology|*Source:9to5Mac ,MacRumors ,Apple

近づくAppleの正念場。AR/VRヘッドセットに集まる市場の期待


レポートを引用したテック系メディア「9to5Mac」によると、今回クオ氏は「2023年のAppleの新製品の中でAR/MRヘッドセット」に対する市場の期待値が最も高いと述べています。

この投資対象は、革新的なユーザー体験への疑問や2023年の出荷台数が150万台未満と少ないことから、明確な市場コンセンサスには至っていない。

Appleは、早ければ2023年1月にAR/MR(複合現実)ヘッドセットを発表する可能性がある。このイベントは、革新的なユーザー体験と2023年の低出荷台数に対する投資家の懸念を軽減し、ヘッドセットの見通しに対する信頼感を高めると期待される。

クオ氏は、このAppleのヘッドセットが同社の「iPhoneに次ぐ革命的な家電製品」になると考えており、Appleの未来を担う新たな製品として大きな期待が寄せられています。

これまでの噂では、AppleのAR/VRヘッドセットは3000ドル(約40万円)近い高価なものになると噂されていましたが、クオ氏はこの製品の価格が2,000~2,500ドルになると予想しているとのこと。価格が高くなれば出荷に影響が出る、と書いています。


また、このヘッドセットの発表は、ユースケース、ソフトウェア/サービス/開発エコシステム、ハードウェア仕様の詳細という3つのポイントにフォーカスされるそうです。クオ氏は、Appleが今後数年でこの製品が急成長を遂げることができると投資家に納得させることができれば、2023年の出荷台数が少なくても心配することはなくなるだろうと指摘しています。

Appleはこの製品をまだ発表していませんが、クオ氏によれば、すでに同社は2025年初頭に向け、より手頃な価格のバージョンを準備しているとのこと。それに加え、Appleは本命のAR専用ヘッドセットも準備しており、こちらは2024年頃に発表されるとしています。

また、以前には経済紙記者のマーク・ガーマン氏が「Appleが取締役会で次期AR/VRヘッドセットデバイスのデモを行った」とも報告しており、消費者向けの発売が2023年になると予測しています。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!