そりゃないよAppleさん! iPhoneに「バッテリー残量表示」がiOS 16で復活も非対応機種あり


最新のiOS 16ベータ版(beta 5)では、iPhoneのバッテリー残量のパーセント表示が、ステータスバーに戻されると報告されています。


*Category:テクノロジー Technology|*Source:MacRumors ,Cult Of Mac

iPhoneの「バッテリー残量のパーセント表示」がiOS 16で復活


2017年以前まで、iPhoneのバッテリー残量は常にステータスバーに表示されていました。しかし、「iPhone X」でノッチが追加されたことにより、端末のディスプレイ上部の空きスペースが減少したため、それ以降の機種ではバッテリー残量のパーセント表示ができなくなっていました。

今回のiOS 16 beta 5では、ノッチ搭載iPhoneのバッテリーアイコンが更新され、具体的なバッテリー残量のパーセンテージが表示されるようになりました。新しいバッテリーインジケーターは、iPhoneX以降のほとんどのモデルが対応しています。

ただし、iPhone XR、iPhone 11、iPhone 12 mini、iPhone 13 miniは、今回のバッテリー残量のパーセント表示に対応していないようです。テック系メディア「Cult Of Mac」によると、Appleのベータ版のリリースノートでは、この理由は説明されていないとのこと。


同じ話題を取り上げたApple専門の米メディア「MacRumors」は、スペースの問題が関係しているのではないかと指摘しています。なお、このバッテリー残量のパーセント表示は、設定アプリの「バッテリー」の項目でオン・オフの切り替えが可能だそうです。

バッテリーのアイコンは、バッテリーの状態や、iPhoneの壁紙の色によって色が変化します。例えば充電中は、バッテリーアイコンは緑色になり、充電中のインジケータが表示されます。


iOS 15以前のバージョンでは、バッテリーアイコンにバッテリー残量がビジュアルで表示されるものの、具体的なパーセンテージは表示されません。この情報を得るには、iPhoneユーザーはコントロールセンターを下にスワイプするか、Todayセンタービューにスワイプして、バッテリーウィジェットを表示させる必要があります。

iOS 16 beta 5は現時点で開発者向けのみに公開されており、近日中にパブリックベータ版がリリースされる予定です。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!