東海道中膝栗毛の評価・適正・わくわくの実をモンスト攻略班が徹底解説!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。
目次

東海道中膝栗毛の評価点数(10点満点)

評価担当
アルト
モンスト攻略ライターアルト
「高難易度クエストで活躍できるかどうか」を重点的にチェックするタイプ。
汎用性が低くても、特定のクエストで大暴れするキャラに高い点数を付けることが多い。
また「派手で強力な友情コンボ」が好きで、とくに“ラピッドボムスロー”が最近のお気に入り。
ブラボー成田
汎用性、もしくは特定のクエスト特化キャラどちらかに振り切ってるキャラを評価するタイプ。
好きな撃種は貫通タイプ。


アルト:【8.0点】

良い点1:「弱点キラー」の乗る殴りと友情コンボが強力

東海道中膝栗毛(獣神化)はベースアビリティに「弱点キラー」を所持。ストライクショットの「弱点効果アップ」とも相性が良く、弱点往復で火力を出しやすいキャラです。

また友情コンボが弱点へヒットした際の火力も優秀。とは言え「インボリュートスフィア・モア」と「超強シャイニングピラー」はいずれも弱点へ狙って当てるのは難しいタイプであり、当たればラッキーといえるでしょう。

良い点2:3種類の主要ギミックに対応

ダメージウォール、ブロック、減速壁に対応可能。闇属性では「ほたね」と「司馬昭」に続いて3体目であり希少性が高いです。
残念ながら「天魔の孤城」に刺さることはありませんでしたが、新爆絶クエストの「ラルガメンテ」で最適正クラスの活躍を見せます。

気を付けたい点

ギミック対応力、火力、そしてSSターンブーストのサポート力と、ポテンシャルは高いものを感じますが、まだまだ環境が追いついていないという印象。
「ラルガメンテ」以外の高難易度系でも適正がもらえることに期待したいところです。

ブラボー成田:【8.5点】

基本5.0点に【プラス点】と【マイナス点】を加味して得点を出します。

プラス点・マイナス点

【プラス点】
・自強化+弱点効果アップSS【+0.5点】
・超強力な友情コンボ【+1.5点】
・3つのギミックに対応【+1.5点】

【マイナス点】
なし

3つのギミックに対応

ダメウォ・ブロック・減速壁の3つに対応可能。
汎用性が非常に高く、減速壁が登場するクエストでは機動力が高いのがGOOD!

超強力な友情コンボ

「東海道中膝栗毛」の注目ポイントは、全キャラ2体目となる「超強シャイニングピラー」を持っていること。
「向日葵」を使っている人ならお分かりかと思いますが……
この友情“マジで化け物火力”です(笑)

バランス型なので「向日葵」ほどの威力ではありませんが、素アビの「弱点キラー」が乗れば砲撃型以上のダメージを出せます。
当たりさえすれば、大ダメージのロマンあふれる友情。

もし「超強シャイニングピラー」が当たらずとも、メインに「インボリュートスフィア・モア」は持っているので、こちらで着実にダメージを与えられるのも良いですね。

その他

汎用性が高く、「弱点キラー」「SSターンブースト」などのアビリティもちゃっかり持つスペックの高いキャラ。

しかし、“超高難易度クエストをぶっ壊した”というワケではありません。
現状では“持っていなくとも大丈夫”という印象です。

東海道中膝栗毛のおもな適正クエスト

東海道中膝栗毛は、おもに「ダメージウォール」「ブロック」「減速壁」のギミックが登場するクエストで活躍できます。

ラルガメンテ【爆絶】
アンチテーゼ【轟絶】
※埋め込み地雷に注意
エデン【爆絶】
イザナギ廻【超絶・廻】
ケテル【超絶】

東海道中膝栗毛のおすすめ神殿

:おすすめ
△:連れていけなくはない
×:連れていかないほうが良い

神殿 修羅場 時の間
火・壱 × ×
火・弐
水・壱
水・弐
木・壱
木・弐
光・壱 ×
光・弐
闇・壱
闇・弐
黄金

東海道中膝栗毛のおすすめ「わくわくの実」

※おすすめ順に記載しています。

  1. 同族の絆・加撃▶弱点キラーの効果が乗る直殴り火力を強化
  2. 同族の絆・加撃速/加命撃▶さらに攻撃力をアップ
  3. 熱き友撃の力▶超強シャイニングピラーの威力を上げてロマン度を高める

東海道中膝栗毛の「レベルの書」&「戦型の書」おすすめ度

:おすすめ
△:ストックに余裕があれば使ってもOK
×:使わないほうが良い

レベルの書 戦型の書

(友情コンボとステータスの底上げが可能)
×
(光属性の敵に対して火力が20%以上アップするが、実装時点では希少なアイテムを使う必要性は低め。また超強シャイニングピラーには効果が無いので要注意)

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次