iPhoneのバッテリー駆動時間がAndroidより優れている理由


iPhoneとAndroidのバッテリーを比べると、基本的にはiPhoneの方が小さめです。

しかしiPhoneのバッテリーは、Androidよりも長持ちします。iPhoneのバッテリー持ちの秘密について、海外YouTubeチャンネル「Apple Explained」が解説しています。




*Category:テクノロジー Technology|*Source:Apple Explained,wikipedia

iPhoneのバッテリー容量は「他社Android」と比べてどれくらい少ないのか?


サムスンの「Galaxy S22 Plus」は、4,500mAhのバッテリーを搭載しています。一方、「iPhone 13 Pro Max」は、4,3500mAhのバッテリーしか搭載していません。


「iPhone 13 Pro」に至っては、「Galaxy S22 Plus」に比べてバッテリー容量はなんと32%も少なくなっています。


多くの人は「なぜAppleはより大きなバッテリーをiPhoneに搭載しないのか」と不思議に思うでしょう。その答えは、電力の効率と関係があります。

一般的なユーザーは、バッテリーの大小を気にしていません。重要なことは、充電がどれだけ保つかということです。


バッテリーが大きければ大きいほど、バッテリー駆動時間が長くなると思われがちですが、必ずしもそうとは限らないのです。


海外YouTuberの「Jojol」が、「iPhone 13 Pro Max」と「Galaxy S22 Plus」そして「iPhone 13 Pro Max」よりも大きい5,000mAhのバッテリーを搭載した「Galaxy S22 Ultra」などのバッテリー駆動時間を調べました。

その結果、「iPhone 13 Pro Max」のバッテリーが最も長持ちすることが分かりました。他のAndroidデバイスのバッテリー残量が0%になった時、iPhoneにはまだ23%もバッテリーが残っていたのです。

小さなバッテリーを搭載しているiPhoneは、なぜ長時間利用できるのでしょうか。その理由が、電力効率です。


Appleは、iPhoneのハードウェア、OS、アプリケーションのすべてで電力効率を最適化するように設計しています。そのため、アプリを切り替えても、インターネットを閲覧しても、ゲームをプレイしても、Androidほどにはバッテリーを消費しないのです。


一方、GoogleのAndroid端末は何百種類もあるため、OSを最適化させることができません。さらに、メーカーは自社のスマートフォンに自由にソフトウェア機能を追加することができます。これを業界では「ブロートウェア(Bloatware)」と呼びます。

この余計なソフトウェアは、ユーザーが気付かないうちにバックグラウンドで電力を消費しています。

Androidの余分なソフトウェアは、最適化されていないOSと相まって、電力効率を悪くしています。Androidにとっては、大きなバッテリーは必要不可欠なものなのです。

また、スマホメーカーは大きなバッテリーを搭載したがっていません。なぜなら、大きなバッテリーを搭載すると、スマホが重くなり、内部の貴重なスペースを占有し、充電に時間がかかり、さらには危険な事故に繋がる可能性があるからです。


「Apple Explained」が例として挙げているのが「Galaxy Note 7」です。このモデルは7.9mmの筐体の中に市場最大級のバッテリーが搭載されていました。しかし、過熱の問題が発生し、バッテリーパックが膨張し、爆発するという事故が発生したのです。


そこでAppleは、電力効率、バッテリーサイズ、バッテリー駆動時間の間でバランスを取るようにしました。Appleは、ユーザーに最も便利で安全な体験を提供するため、バッテリー容量を大きくしすぎないのです。

とはいえ、もちろんAndroidも機種によってはiPhoneよりもバッテリー持ちが長い場合もあります。しかしその場合、大抵はバッテリーサイズがiPhoneよりも大きく、その分本体重量がかなり重くなっている場合が多いです。




参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!