Google Pixel 7のサイズや価格・発売日はいつ?カメラや新チップ「Tensor G2」などのリーク・噂まとめ


10月6日に発表される予定の「Pixel 7」シリーズですが、すでに発売前から様々なリークが登場しています。


*Category:テクノロジー Technology|*Source:9to5Google(1) ,(2) ,Android Authority

Pixel 7シリーズのスペックや価格・発売日のリークまとめ


Pixel 7とPixel 6のデザインは似通って見えますが、背面のカメラバー部分には変更が加えられています。前モデルではカメラバーはガラスで覆われていたものの、今回のモデルでは側面と一体化したアルミニウムのフレームに変更され、より耐久性が向上しました。


テック系メディア「Android Authority」は、Pixel 7と7 Proのスペックシートのリークを共有しました。


Pixel 7はPixel 6の6.4インチに対して、わずかに小さいスクリーンを搭載するようです。Pixel 7は6.32インチのフラットなディスプレイ、Proモデルは6.7インチのエッジディスプレイを搭載するとみられます。

なお、Pixel 7 Proはディスプレイのカーブが少し緩和されていると言われています。これはGoogleの公式動画や、リークされた実機などから判明しました。

Pixel 7シリーズに搭載される新チップ「Tensor G2」は、2つのCortex-X1コア、2つのCortex-A76コア、Cortex-A55コアで構成されているようです。一見すると前モデルのTensorと同じようにみえますが、新プロセッサは4nmプロセスで製造されることが決まっており、クロックが10%向上していると噂されているとテック系メディア「9to5Google」は指摘しています。


また、Googleは今回、512GBの構成を廃止したようです。容量が足りない場合はGoogleフォトやドライブを利用することになりそうです。バッテリー容量は、前モデルよりも増加しています。

充電速度を示すリークはありませんが、30Wが上限になると「9to5Google」は予想しています。その他、ワイヤレス充電と逆ワイヤレス充電にも対応するようです。

以下は「9to5Google」が共有したPixel 7のカメラスペックです。カメラスペックは前モデルとほぼ変わりません。ただし、Proモデルのウルトラワイドレンズはオートフォーカスに対応し、望遠カメラは光学4倍から5倍になっています。

他にも、Pixel 7シリーズには指紋認証センサーに加え、顔認証に対応するようです。また、Android 13がプリインストールされ、より早く最新のOSを使えるようになるはずです。

価格は前モデルと変わらず、Pixel 7は599ドル(現レートで約8.7万円)、Pixel 7 Proは899ドル(約13万円)から発売されると予測されています。ただし日本価格は円安などの影響により、若干の調整が入るかもしれません。

これまでのGoogleの慣習では、10月6日の基調講演終了後にPixel 7と7 Proの予約ができるようになると予想されます。Pixel 7のAmazon経由のリークなどによると、10月13日時点から入手可能になるとのことです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!