iPadにはないGoogle「Pixel Tablet」の圧倒的強み


Googleは10月6日のイベントで、8年ぶりの同社製タブレット端末「Pixel Tablet」をお披露目しました。このタブレットは2023年に発売される予定ですが、すでに多くのスペックが明かされています。


*Category:テクノロジー Technology|*Source:Made By Google ,9to5Google

Google


Googleによると、Pixel Tabletは、Pixel 7と同じTensor G2を搭載するとのこと。同社は、より優れた機械学習、音声、画像処理が可能になり、ビデオ通話、写真編集、Googleアシスタントに対応するとアピールしています。

デザイン面では、磁器の質感を思わせるナノセラミックコーティングを新たに開発し「プレミアムな素材と仕上げ」になったとのこと。また、ベゼルは白と黒のバリエーションが用意されているようです。


また、スタイラスペンもサポートしており、「素晴らしい」解像度を持つ明るいディスプレイが搭載されているということです。

ここまではiPadやその他のAndroidタブレットと同じですが、異なるのは「スマートホームデバイス」としての使いみちが追加されていることです。これを実現するのがPixel Tablet用の充電スピーカードック。

このスピーカードッグは、Pixel Tabletの背面のポゴピンと、マグネットで接続することができます。接続すると見た目はほぼNest Hub Maxのようになり、スマートホームデバイスとして扱うことができます。


Googleによれば、この状態ではハンズフリーのアシスタントヘルプとして利用可能で、Googleフォトのスライドショーを表示することも可能だと説明しました。AndroidとGoogleのスマートホームが組み合わさった、まさにGoogleの集大成といえる製品です。

タブレット端末は便利なものの、その反面で使わないときの置き場に困るものでもあります。しかし、タブレットとNest Hubのハイブリットとして扱えるのであれば、ホームユースのデバイスではかなり便利なものとなりそうです。

課題は、Pixel TabletがAndroidタブレットとしてはもちろん、スマートディスプレイとしての機能をしっかり備えているかという部分でしょう。また、Nest Hubは廉価な面もメリットの1つだったので、Tensor G2を搭載したPixel Tabletがどれほどの価格になるのかどうかも見どころです。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!