新型MacBook Proに訪れる「Appleの歴史を変える」圧倒的進化


登場が近いと噂されている新しい14インチ/16インチ「MacBook Pro」について、詳細なリークをテック系メディア「MacRumors」がまとめています。


*Category:テクノロジー Technology|*Source:MacRumors ,Commercial Times

新型MacBook Proに搭載されるM2 Pro/Maxチップの実力


14インチ/16インチのMacBook Proの2022年モデルでは、デザインの変更は期待できません。Appleは2021年にデザインを更新したばかりのため、通常通りであれば数年間同じデザインを使用するはずです。

しかし、最も大きな進化が期待できるのはAppleシリコンの部分です。AppleはMacBook Proのアップグレードモデルに、M2 ProとM2 Maxチップを初めてする予定と噂されています。

経済紙記者のマーク・ガーマン氏によると、M2 Maxチップは、CPUがM1 Maxの10コアから最大12コア、GPUが32コアから最大38コアへと進化するとのこと。また、M2 Maxは、最大64GBのユニファイド・メモリーに対応するとされています。

ガーマン氏は、M2 Proについての詳細は明らかにしませんでしたが、M2 Maxよりも性能が低くなることは間違いないでしょう。前年通りであれば、M2シリーズはM2、M2 Pro、M2 Max、M2 Ultraの順で性能が高くなっていくはずです。


そして、最も期待されるのがApple初の3nmプロセスの採用です。台湾メディア「Commercial Times」は、Appleがアップグレードされた14インチ/16インチのMacBook Proモデルに3nmチップを使用する予定であると述べています。

3nmプロセスの採用は、Appleシリコンの歴史を変える大きな進化です。一般的に、チップはプロセスが小さくなれば小さくなるほど省電力かつ高性能になります。AppleはM1チップのリリースから最新のM2チップまでは5nmプロセスを採用していたため、3nmへのジャンプではかなりの性能向上が期待できます。

ただし、著名アナリストであるミンチー・クオ氏によれば、現在開発中されている3nmプロセスチップはこのモデルには搭載されない可能性があることも示唆しています。代わりに、新しいMacBook ProにはAppleのサプライヤーであるTSMCの現在のプロセスで作られた5nmチップが搭載される可能性があるとのこと。

他にも、AppleがMac向けのFace IDに取り組んでおり、14インチ/16インチのMacBook Proが搭載の有力候補になるという噂もあります。しかし今のところ、この機能が実際に搭載されるという具体的なリークは登場していません。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す