初代「iPhone」を2007年に買って、いま転売するといくらになるのか?

スティーブ・ジョブズが2007年に発表して以来、iPhoneシリーズはAppleを代表する製品としてまで成長しました。

そんなiPhoneシリーズの中でも非常に希少な「初代モデルの未開封品」が、米オークションサイト「LCGオークション」に出品されています。

関連:諜報機関「この暗号を解けたら採用するよ」→天才少年がたった1時間で解読してしまう

箱まで新品同様の「初代iPhone」がオークションに登場


今回出品された初代iPhone(初回生産品)は、化粧箱を含めてほぼ新品の状態です。

箱は透明なフィルムでラッピングされたままで、破損はなく、パッケージやストア、配送ラベルすら貼られた痕はありません。


箱の裏側には、バーコードや規制情報が色あせることなく表示されています。この初代iPhoneは、発売当時は599ドル(約8.8万円)だった8GBモデルです。


「LCGオークション」によれば、このような優れた状態の初代iPhoneは「非常にまれ」とのこと。また、本物であることも同オークションサイトが完全に保証しています。

このファクトリーシールされた初回生産品は、非常に良いコンディションです。表面、エッジともほぼ無傷で、ファクトリーシールもきれいで、縫い目のディテールも正確でタイトです。裏面のラベルは、シールの下にきちんと残っています。

アフターマーケットのステッカーやUPCラベルはありません。新品、未開封。コレクターや投資家にとって、これほど優れた例を見つけるのは困難でしょう。関連性と希少性が、このレッドホットなコレクターズアイテムの勝利の方程式を構成しています。モデルA1203、オーダーMA712LL/A (8GB)、真正性はLCG Auctionsによって完全に保証されています。(LCGオークションによる説明を翻訳)

この初代iPhoneは10月16日午後5時(米国東部標準時)まで出品され、最終的についた価格は39,339.60ドル(約585万円)。予想価格をさらに上回る結果となりました。


オークションを担当したLCG Auction創設者マーク・モンテロ氏は、「このアイテムに対する入札は熱狂的なものになると予想していましたが、一握りの熱心なコレクターによって、日曜日の午後に1万ドル強だった価格が日曜日の夜には記録的な金額になりました」と述べています。


*Category:テクノロジー Technology *Source:Appleinsider ,LCG Auction

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す