【まさかの】「犬が…喋った…!?」 音声ボタンで気持ちを伝えてくれるモネちゃんを紹介‼︎

ペットの気持ちを知りたいなと思うことありますよね! 一緒に暮らす時間が長くなると表情でどんな気持ちかわかることもありますが、すべてをわかってあげることはできません。今回はInstagramやYouTubeで話題の喋る犬モネちゃんについて紹介します。

どうやって喋るのか、なんで喋れるようになったのかなどいろんな疑問が出てきますよね。自分の家の子と喋れるようになりたい方はぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

目次

モネちゃんってどんな子? 

モネちゃんはミニチュアシュナウザーの女の子で2020年の12月に台湾で生まれました。名前の由来は飼い主さんが好きな画家クロード・モネからとったそうです。確かにミニチュアシュナウザーとクロード・モネのふさふさのおひげのイメージがぴったりですよね! 飼い主さんもとっても気に入っている名前なんだとか。

モネちゃんは生後8ヵ月頃から練習を始め、最初におぼえたのは「あそぼ」だそうです。わんちゃんらしくてかわいいですね。

どうやって喋るの? 

「喋るってどうやってコミュニケーションをとるの?」と疑問が出てきますよね! モネちゃんはFluentPet社で販売されている音声ボタンを使って飼主さんと会話をしているようです。現在は64個もの音声ボタンが設置されているんだとか! その数の音声ボタンを使いこなせるなんてすごいですし、モネちゃんの頭のかしこさも実感できますね。

どうやって教えるの? 

飼い主さんはどうやってモネちゃんに言葉を教えたのでしょうか? 初めて音声ボタンに触れたら褒めておやつをあげるところからスタートのようです。愛犬にしつけや芸を教える時と同じような感じですね! 

また普段から人間の赤ちゃんに話しかけるような感じで接しているそうです。新しいボタンを設置したときは、ボタンを押してその意味を関連付けて教えます。例えば「だいすき」の音声ボタンだと抱きしめて大好きと伝えるという方法。

小さい子どもに言葉を教えるのと同じような感じなんですね! ここからは実際に飼い主さんとモネちゃんの会話している様子を紹介します。

行きたい? 行かない? 

飼い主さんがモネちゃんにお散歩「お散歩行きたい?」と音声ボタンで聞いています。するとモネちゃんは「行きたい」の音声ボタンを通り過ぎて、「ねんね」を2回押しました! ただ行きたくないと伝えるだけでなく何をしたいのか伝えてくれるのは嬉しいですよね。飼い主さんに寄り添って一緒にねんねしてる姿が幸せそうです。

夕方になってモネちゃんからお散歩行きたいと伝えてくれることもあるそうです! 愛犬が行きたいときに連れて行ってあげるのがきっと1番楽しめるのではないでしょうか。「お散歩」の音声ボタンがあるだけでも愛犬とのコミュニケーションがとりやすそうです。お散歩が大好きな子はいっぱい押しちゃうかもしれませんね! 

あそぼ

モネちゃんは遊びたい時には「あそぼ」の音声ボタンを押して教えてくれます。この時飼い主さんはマッサージ中だったので「後で遊ぼうね」と伝えました。するとモネちゃんはしばらく考えてから「NO」の音声ボタンを押しに行っています! 飼い主さんも笑っていますが筆者もおもわず笑ってしまいました。モネちゃんのどうしても遊びたかった気持ちがわかりますね。

いたい

モネちゃんは今までに3回「いたい」という気持ちを教えてくれたそうです。見てわかる体調不良だとすぐに病院に連れていけますが、人間にはわからない痛さもあると思います。「いたい」を覚えてくれていると早く対処できるので助かりますね。

しかし「いたい」を覚えてもらうのに表現するのは難しいですよね。モネちゃんは1歳過ぎまで噛み癖がひどかったんだとか……。そこで噛まれたときに飼い主さんが「いたい」の音声ボタンを押しながら大げさに痛がるフリをして教えたようです。難しいかもしれませんが覚えてくれたら嬉しい言葉のひとつですね! 

音声ボタンを使わずに喋ることも! 

この動画では音声ボタンを使わずに一生懸命に喋っています。ご飯をいっぱい食べたようですがまだ足りないらしくアピールしている姿がかわいいですよね! 

SNSでの反応を紹介! 

SNSではモネちゃんの天才さを絶賛する声が多かったです。

「愛犬の思っていることを知れるなんて最高すぎる。愛犬の生活が豊かになる」

「おりこうすぎて本当に驚いちゃう」

「犬を飼ってた時に知ってたら絶対このシステム導入してた!」

Youtubeでもモネちゃんの様子を見られます! 

「しゃべる犬モネさん」というYoutubeチャンネルも開設されています。まだまだ少ないですがこれからInstagramとは違った一面が投稿されるのが楽しみです。

これからはどんな会話ができるか楽しみです! 

モネちゃんは現在2歳で64個の音声ボタンを使いこなして会話をしています。これからはどんな言葉を覚えてお喋りしてくれるのか楽しみですね! 飼っている愛犬とコミュニケーションをとりたいと思う方はボタン1個から挑戦してみてはいかがでしょうか。今まで以上に愛犬との関係が深ままってもっと楽しい生活が送れるかもしれません! 

もっと詳しく使い方や教え方を知りたい方はモネちゃんのアカウントを覗いてみてください。最後まで読んでいただきありがとうございました。

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す