1兆円メガヨットPangeos:6万人が住む〝海ガメ型の海上都市〟がメタバースに登場!

2009年にデザイナーのピエールパオロ・ラッツァリーニ氏が都市をまるごと収容できる海ガメ型ヨット「Pangeos(パンゲオス)」の構造を考案しました。Pangeosがどのようなコンセプトなのかを解説します。

関連:70兆円をかけて砂漠に幅170km、高さ500mの巨大都市「The Line」を建造するサウジアラビアの野望

*Category:テクノロジー Technology *Source:pangeosyacht,Lazzarini Design,lazzarinidesign

「Pangeos」の全貌とは?


かつて地球に存在した超大陸であるパンゲアに由来する浮遊都市「Pangeos」は、長さ550メートル、幅610メートルと巨大です。

そして、その中に複数のホテルやショッピングセンター、公園、マリーナ、空港が内蔵されており、6万人の乗客を楽しませることができます。まるで、海の中を旅する都市です。もし実現すれば、浮体構造物としては世界最大級となります。

また、造船所はサウジアラビアを拠点にすると想定されています。とはいえこれは勝手に決めたことで、サウジアラビアはPangeosを製造するとは一言も言っていません。

Pangeosのイメージは動画で公開されています。


Pangeosは、浮遊するために約3万個のセルに細分化されています。


そして、9基のHTSエンジンを搭載する構想です。これらのエンジンは全てソーラーパネルで発電し16,800馬力の出力が可能です。この馬力があれば、Pangeosを時速9.2キロメートルで動かすことができます。


このPangeosを製造するには80億ドル(約1兆円)の予算と、約8年の歳月が必要とされる予定です。

Pangeosプロジェクトを実現するための第一歩として、メタバースにPangeosを再現するクラウドファンディングが開催されています。このクラウドファンディングでは、メタバース上のPangeosのスペースを購入することができます。


購入したスペースは、仮想空間の中で、専用のアクセスキーを持つプライベートルームとして利用することができるとのこと。メタバースに実現したら、私はここに住みます!

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す