月額550円で本家ドコモ回線より高速!混雑しやすい昼でも快適な格安SIM【ahamo/NURO Mobile/OCNモバイルONE】

格安SIMは自社で回線を持たず、大手キャリアから回線を借りているため通信が「不安定」になりやすいという弱点があります。実際、格安SIMは回線が混み合う、平日のお昼などの時間帯に通信速度が落ちてしまうことがよくあります。

ただ、格安SIMの中には平日のお昼であっても通信速度が落ちにくく、時間帯によってはドコモのahamoよりも高速に通信ができる会社があります。そこで、通信速度が安定している格安SIMを2社解説します。



関連:月額800円でデータ通信量5GBを〝永久繰り越し〟できる唯一の格安SIM【y.u mobile】

*Category:テクノロジー Technology *Source:カオナシガジェット,ahamo,OCNモバイルONE,NUROmobile

快適に通信ができる格安SIMとは?


今回、オススメする格安SIMはドコモ回線を利用しているNURO Mobileの「NEOプラン」と「OCNモバイルONE」です。この2社の通信速度がどれほど安定しているのかをスピードテストで検証してみます。また、ドコモが運営している「ahamo」とも比較してみます。

検証環境

  • 検証は平日に行っています。
  • 回線の種類は4G回線を使用しています。
  • 測定時間は9時12時15時18時21時で行っています。
  • 使用端末はPixel7Proです。
  • 測定アプリは「Speedtest」を使用しています。
  • 検証場所は関東です。

※今回の検証はあくまでも一例です。場所や時間により、結果が大きく異なる場合があります。

9:00のインターネット速度

画像の左からNEOプラン、OCNモバイルONE、ahamoです。


利用者が少ない午前中ということもあり、各社高速通信ができています。

12:00のインターネット速度


回線が最も混み合う平日の12時台であったとしても、各社150Mbps以上のダウンロード速度が出ています。

15:00のインターネット速度


ピークが過ぎた15時台に至っては、各社300Mbpsのダウンロード速度が出ています。また、格安SIMであるNEOプランとOCNモバイルONEがahamoの通信速度を超えています。

18:00のインターネット速度


帰宅ラッシュである18時台でも各社の通信速度が落ちることはありませんでした。

21:00のインターネット速度


21時台でも非常に安定した通信速度が出ています。


今回の検証の結果、格安SIMである「NEOプラン」と「OCNモバイルONE」の通信速度は、ahamo並に快適であることが分かりました。

NEOプランの基本料金は2,699円、一部機能が制限されているNEOプランLiteは2,090円から利用できます。


また、OCNモバイルONEは550円から利用することができます。


快適な通信速度を求めるのであれば、今回解説した「NEOプラン」や「OCNモバイルONE」を契約することをおすすめします。

YouTubeチャンネル「カオナシガジェット」では通信速度の検証や、通信会社のお得なキャンペーンを解説しています。お得にかつ快適に通信会社を契約したいと思っている方は是非チャンネル登録をよろしくお願いします。

「ahamo」の詳細はこちらをクリック!

「NURO Mobile」の詳細はこちらをクリック!

「OCNモバイルONE」の詳細はこちらをクリック!


\ 最新記事 /



※収益化について:本サイトに記載されたアフィリエイトリンクを経由して商品の購入などが行われた場合、売り上げの一部が製作者に還元されることがあります。※免責事項:この記事はテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。掲載情報によって起きた直接的及び間接的損害に関して、筆者・編集者並びにAppBank 株式会社は責任を負いません。


AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す