BTSジョングクとV(テテ)がインスタライブ開催! トラブルメーカーな2人の絆にARMYが感動?!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

2022年2月2日深夜、BTSのV(テテ)とジョングクがインスタライブに登場。なんと事務所の許可なしに開催されたインスタライブを、世界中のファンが見守りました。どんな内容だったのか、詳しく振り返りましょう。

目次

目次

ジョングクのWeverse LIVEからグテのインスタライブ開催へ

事の発端は、2月2日深夜にジョングクがWeverse LIVEを開催したこと。ジョングクは個人で1時間超に渡り、ARMYへの配信を続けていましたが、途中にVがコメントで登場。Vが「ダブルでできない? 僕もやりたい」と発言したのを受け、2人でインスタライブに場所を移しました(Weverse LIVEはダブルで配信ができないため)。

ジョングクのWeverse LIVEも2人のインスタライブも、すべて無許可。Vの「僕が全部責任を取る」の一言で、開催が決まった形です。

ジョングクの一言がARMYの笑いを誘う

Weverse LIVE中のジョングクに、懸命に「インスタライブをやろう」と誘うV。そんなVに対するジョングクの返答は、「僕たち、練習生時代のトラブルメーカーズに戻ってみる?」でした。これにはARMYも大笑い。BTSの弟組でもあるVとジョングクは、練習生時代からやんちゃで有名でした。そんな2人は、まるで双子の様に仲良し。そんな2人の関係が、ARMYに見えた瞬間でした。

上にジョングク 下にVが映る奇跡の様な状況

こうしてトラブルメーカーズに戻った2人は、インスタライブに場を変えてトークを開始。上にジョングク、下にVが映し出される奇跡の様な状況です。Vは画面に映ったジョングクの愛犬『バム』に対し、愛嬌たっぷりに話しかけます。

Vが「バム大きくなったね」と話しかけると、「前に会った時と変わりませんよ」とツッコミを入れるジョングク。会話まで息がぴったりで、まさに双子のよう。

RMがジョングクの配信をVに伝えていた

そもそもなぜ、Vはジョングクの配信にコメントをしたのでしょうか? その理由が、このインスタライブで明らかになりました。ジョングクのWeverse LIVEに気付いたRM(ナムジュン)が、「ジョングクをよろしく頼む」と、グループチャットに投稿したとのこと。

RMのメッセージを見たVは、ジョングクのWeverse LIVEを知り、様子を見に来たという流れです。しかしさすがのRMも、2人でインスタライブまで始めるとは思わなかったでしょう……。

Weverse LIVEから引き続きタトゥーの話題へ

2人の話は、ジョングク個人のWeverse LIVEで話題になったタトゥーの話へ。実はWeverse LIVEの最中に、「タトゥーを入れたいが、親に反対されている」というARMYのコメントがあり、ジョングクが回答していたのです。

Vは「自分は(友情タトゥーを)両親に言わずに入れた」と回答。タトゥーを入れてから、「メンバーたちだけの記念に入れた」と報告したそうです。ちなみにジョングクは、「自分の人生なのだから、両親は関係なく、自分の意志を大切に」と、Weverse LIVEで語っています。

どこまでも楽しそうなグテのインスタライブ

グテのインスタライブは、真剣に何かを語るのではなく、2人でずっと軽いおふざけを楽しむ雰囲気でした。2分割された画面を利用して、2人で面白い動きを見せるなど、ARMYと楽しい時間を共有しています。

「まるで、10代のやんちゃな頃に戻ったみたい」と、ARMYは2人のやり取りを微笑ましく見守っていました。スーパースターになっても、2人の関係は変わりません。

BTSの問題児 Vとジョングクのこれまで

BTSのマンネライン3名のうち、Vとジョングクは「問題児」「やんちゃ」と言われてきた2人。今回のインスタライブを通して、2人のいたずらっ子ぶりを振り返るARMYが数多くいました。これまでの2人の歩みを振り返ってみましょう。

Vに出会って性格が変わったジョングク

今でこそ明るいマンネ(末っ子)のジョングクですが、練習生当時は人見知りが強く、今の様に人懐こい性格では無かったそう。そんなジョングクを変えたのが、Vとの出会いでした。

ジョングクの後に入所したVですが、2人は性格がとても良く似ていて、打ち解けながら仲良しになったそう。Vは大邱市、ジョングクは釜山市とソウル出身ではなく、まだ10代の2人が支え合っていたのでしょう。

2人で怒られ2人で寝ていたVとジョングク

やんちゃな2人はいつも一緒に怒られ、いたずらを繰り返していました。韓国は年功序列が根付いた国であり、BTSも先輩後輩の関係ははっきりしています。年が近く(2歳差)、性格も似ている2人が接近するのは、当たり前のことだったでしょう。

ジョングクは過去の日本のインタビューで、「僕はテヒョニヒョン(V)が大好きで、一緒に居たいから2人で寝ている」と回答しています。一緒に怒られて一緒に寝て、まるで兄弟の様に育ったのです。

大人になって関係が変化

いつも一緒だったVとジョングクですが、大人になるにつれ2人の間には変化も。とても仲が良かったぶん、「成長と共にぎこちなくなった時期もある」と、ジョングクは語っています。でもそれは、どんな関係にも訪れること。価値観や人間関係の広がりと共に、仲間との距離に変化があるのは当然です。そんな時期も乗り越え、大人になった2人は、自分たちに良い距離を見つけました。インスタライブでも分かる様に、2人は今もとても仲良しです。

少年に戻った様な2人に感動するARMY

今や20代半ばとなり、すっかり大人になったVとジョングク。デビュー時のBTSは、最年長のジンは20歳、ジョングクは15歳という若さでした(共に日本年齢)。顔も名前も知らない少年たちが、音楽という絆で結ばれ、10年が経とうとしています。

2人のインスタライブは、「もう大人になった2人が、少年に戻る時間」を見せてくれたのです。大人になっても、2人揃えば悪ガキに戻る。そんな素敵な瞬間を見られたからこそ、多くのARMYは「感動」という反応を見せました。

ソロ活動中も仲良しなBTSに注目を

兵役を迎えたジンの入隊に伴い、ソロ活動中のBTS。メンバー全員が揃う姿はなかなか見られませんが、こうして触れ合う姿を頻繁に見せてくれます。ジョングクのWeverse LIVEの最中には、RM もコメントで姿を見せ、ジョングクにエールを贈りました。メンバー同士で支え合い、楽しむ姿は少年の時と変わりません。

ちなみに事務所側は、この無断Weverse LIVEとインスタライブを怒らなかったそう。今後もほんの少しだけ、大目に見てもらえたらファンは幸せです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次