エミリン「好きな人ってどうやって作るんだっけ? 」アラサー女子の恋の悩みに共感の声が続出

SNSをはじめ、多くの視聴者から支持されているエミリン。活動の幅もますます広がって、注目度も上がっています。そんなエミリンが、メイクをしながら恋愛観を語った動画が注目を集めました。

さまざまな人との恋愛トークを経たおかげで、エミリンの恋愛観には多くの視聴者が共感したようです。この記事では、エミリンが語る恋愛やSNSの反応をご紹介します!ぜひ最後まで読んでください。


エミリンの2023年恋愛事情

今回のエミリンの動画は、メイクをしながら恋愛について語っています。メイクと恋愛といった視聴者が待望していた内容に、注目度も高まった様子。2022年の9月に破局して以降、さまざまな場所で恋愛事情を聞かれることが多いといいます。

近況報告も兼ねて、動画にした様子。2023年を迎えてからというもの「恋愛をしたい」と思う反面、今のところできないといいます。好きな人はもとより、新しい出会いもないんだとか。気になる人が居ても、相手がいる場合が多いとのこと。

「イイ人は放っておかれない」と納得していました。アラサーという年齢にとって、良い人には相手がいる状況が多いことから「むやみやたらに人を好きになれない」といいます。

アラサー女子でも心は乙女

とはいえ、恋愛はしていきたいといいます。エミリン曰く、「恋愛をしたら乙女になるタイプ」とのこと。最近になって、自分がどんな人を好きになるかを改めて考えるようになったそうです。これまでに気になった人を分析した結果、「完璧な人よりもちょっとダメなところがある人に惹かれる」とのこと。

気になる相手に欠点があると、可愛く思えたり応援したくなったりと母性が芽生えるようです。25歳頃から母性が芽生え始めて、ここ最近でさらに加速しているんだとか。それまでは、かっこいいと思っていたのに幻滅していた様子。

最近胸が締め付けられるように、惹かれていることに気付いたそうです。エミリンのこの恋愛傾向は、視聴者から1番共感を得られていました!

エミリンの止まらない母性

欠点を好きになることが素敵だと思っているとのこと。一方で、友達に相談してみると「そういう人好きになっちゃったら一生幸せになれないよ」と言われることが目に見えているんだとか。とはいえ、「例えば好きになった相手がミュージシャンを目指していたら迷わずギターを買って応援したくなる」そうです。

エミリンは、視聴者が思うエミリンのイメージは「サバサバ」していると予想。しかし、実際にはなんでもない日にプレゼントしてもらえたらめちゃくちゃ喜ぶし相手に絶対そうしたいと思っているんだとか。

「女性っぽい一面を見たくない」との声も理解しつつ、ありのままを見せるエミリン。実際には、視聴者は「友達の話を聞いている感覚」があって共感する声が多いようです。

キュンと来る瞬間

エミリンの中で特に心に来るのが「いいなと思った人が自分をインスタの親しい友達にしてくれた上に、親しい友達に弱みを見せてくれる時にグッと来る」そうです。相手の本心が見えることが喜びに繋がっているとのこと。

しかし、単に本心をいうだけなのは違うそうです。「普段は絶対に本音を語ってくれないような人の本心が見えた瞬間がいい」といいます。

そして、地方のお土産を買ってきてくれた時にもキュンとくるんだとか。1人用のお土産を買ってきてくれた時に「自分のことを考えてくれている」と思ってときめきを覚えるそうです。お土産自体の質はどうであれ、その時のお土産は通常の何倍もの価値を感じるとのこと。

これまでの恋愛遍歴

テレビのディレクターさんを好きになった時には、「人前とオフの感じ違うよね」とエミリンの本質に気付いてくれた時に「私のことをわかってくれる」と思って好きになったといいます。さらに、昔炎上した時には「しんどいよね? 」と他の人とは違う上に気が楽になるような言葉をかけてくれた相手にときめいたそうです。

学生時代からこれまでに好きになった瞬間が溢れてきたエミリン。総じて「ちょろい!」とのこと。ですが、恋愛は大体そういうものだと結論づけました。

SNSの反応は?

動画のコメントでは「えみりんと話しているみたいで楽しかったし、わかりすぎて共感しっぱなしでめっちゃ楽しかった!」「好きになるタイミング、キッカケめっちゃわかります!」といったコメントが寄せられました。

エミリンの恋愛観に、多くの視聴者が共感しているようです!

エミリンにいい人が見つかって欲しいと願う視聴者も多くいるようです!

エミリンのメイク動画を待ち望んでいたという視聴者もいました!

エミリンの恋愛事情の近況報告

最後まで読んでいただきありがとうございました!エミリンの恋愛観に共感した方も多いのではないでしょうか。年齢を重ねるにつれて、気になる相手にはすでにパートナーがいたりと狭まっていくのは多くの人の悩みでもあるようです。

その一方で、好きになる人の傾向が母性によって変化している様子。とはいえ、好きになるきっかけは以前と変わらないまま。そんなエミリンにも新しい恋が実るのか、今後の活動にも注目していきたいですね!

サムネイルは以下より:

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す