【くら寿司】業界初! 新AIカメラシステムを全店舗導入! 寿司カバーの異常を探知し迷惑行為防止

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

くら寿司が、AIテクノロジーを活用した、回転レーンでの迷惑行為を防ぐ「新AIカメラシステム」を2023年3月2日(木)より、全店舗で導入します。

目次

新AIカメラシステム導入


くら寿司が、AIテクノロジーを活用した、回転レーンでの迷惑行為を防ぐ「新AIカメラシステム」を2023年3月2日(木)より、全店舗で導入します。本システムは回転寿司業界初の取り組みとなります。

現在、回転寿司を中心とした飲食店において悪質な迷惑行為が相次いでいます。また、セルフサービス形式の飲食店の利用に対し、不安を感じる方が増えており、外食産業全体の危機にもつながっています。

さまざまなお寿司がパレードのように次々と目の前を流れていく回転レーンを活用した提供システムは、回転寿司の醍醐味です。くら寿司は「安心・安全」を確保するための工夫として、空気中のホコリやさまざまなウイルスから商品を守る「抗菌寿司カバー」(2011年導入)など、さまざまなシステムを導入。「抗菌寿司カバー」は、お客様の手や髪が意図せず商品に触れることも防止できることから、高い評価を得ていますが、この「抗菌寿司カバー」に対する迷惑行為も確認されています。

「新AIカメラシステム」概要

回転レーンによる商品提供への不安を払拭し、回転寿司の文化を守るために、これらの迷惑行為に対応するAIテクノロジーを活用した「新AIカメラシステム」が開発されました。

2021年に全店舗で導入が完了している、回転レーン上で取られた寿司皿を自動的にカウントするシステムに、回転レーンを流れる「抗菌寿司カバー」の不審な開閉を検知できる機能が拡張されています。レーン上のAIカメラが不審な開閉を検知すると、本部でアラートが鳴り、本部担当者が直ちに該当店舗の責任者へ電話連絡。連絡を受けた店舗では、異常が検知された寿司皿を速やかに撤去し、お客様へ確認のお声がけをいたします。また、本部では、安定した店舗運営を支援する「店舗遠隔支援システム」(2003年導入)を活用することで、 迷惑行為発生時の録画映像や対応中の店舗の様子を確認でき、場合によっては、速やかな警察への通報も可能となります。

①回転レーン上に設置している「AIカメラ」が抗菌寿司カバーの不審な開閉を検知。本部でアラートが鳴る。
②本部担当者は該当店舗の責任者へ電話連絡。
③異常が検知された寿司皿を速やかに撤去。
④該当テーブルのお客様へ確認のお声がけ。

これまでの安心・安全への取り組み

時間制限管理システム(1997年)

QR タグによって、商品がレーン上を流れている時間を管理するシステム。一定時間経過した商品を安全のために廃棄し、常に新鮮で美味しいネタを提供しています。


店舗遠隔支援システム(2003年)

くら寿司全店舗の店内映像や運営状況を本部でリアルタイムで管理することで、客観的な視点から、くら寿司の商品・サービスにおけるクオリティーの維持、向上を支えるシステムです。担当者が店舗の様子を常時チェックし、異常や気になる点があれば店舗と連携して、安定した店舗運営を支援しています。店内のカメラは過去にさかのぼって確認することも可能で、防犯の役割も果たしています。




抗菌寿司カバー(2011 年)

空気中のホコリやさまざまなウイルスから寿司を守る抗菌寿司カバー「鮮度くん」は、2011年11月、くら寿司全店で導入。この寿司カバーの登場により、寿司が乾くのを防ぎながら、空中を浮遊するウイルスやほこり、飛沫からも守ることができるとともに、カバーに直接手を触れずに商品を出し入れできることから、カバー自体も衛生的に保つことができるので、好評のシステムです。また、お客様の手や髪が意図せず商品に触れることを防止できることにも役立っています。




スマートくら寿司(2021 年導入完了)

入店から退店まで店員と接することなく食事が可能となる、コロナ禍における新しい生活様式に対応した 非接触型サービスです。

①セルフ案内(コンタクトレス)


②触れずに開閉できる「抗菌寿司カバー」 (タッチレス)


③座席間の背もたれの高さを確保 (コンタクトレス)


④スマホで注文 ※自身のスマホと連動して注文可能 (タッチレス)


⑤レーンに取り付けたカメラで、取られた皿を自動的にカウントするセルフチェック (コンタクトレス)


⑥セルフレジ (コンタクトレス)


公式サイト:くら寿司

■毎日更新「カジュアルフード」

コンビニ・ファストフードなどカジュアルに楽しめる美味しい情報を毎日更新中!こちらのページにまとめているので、ぜひご覧ください♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次