本郷奏多が生まれ故郷の仙台市を散歩! 通っていた幼稚園や学校は? “聖地”を総まとめ!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

俳優の本郷奏多さんが自身のYouTubeチャンネルで、故郷の仙台市を散歩する動画を投稿しました!出身幼稚園や中学校など、本郷さんが上京するまでに過ごした思い出の地をまとめて紹介してくれましたよ。数々のエピソードも含め、全7カ所の「聖地」は必見です!今回は気になる動画の内容をわかりやすくお伝えします。


目次

本郷奏多が最新動画を投稿!

このたび本郷奏多さんのYouTubeチャンネル「本郷奏多の日常」にて、最新動画が投稿されました!タイトルは「【in 仙台】 生まれ故郷を散歩しました 【本郷奏多の日常】」です。宮城県仙台市出身の本郷さんが地元を歩きつつ、思い出の場所を紹介してくれました。

ポケモンカードの大会で宮城県に来ていた

普段は東京で活動している本郷さん。今回仙台市に来たのはポケモンカードの大会が宮城県で開催されていたからだそうです!本郷さんはなんと一般参加の枠で大会に出場したとのこと。結果は負けてしまったそうですが、「久々に出られて楽しかったです」と話していました。

本郷さんはチャンネル内でも“ポケカ好き”として知られています。前回の動画も含め、ポケモンカードの関連動画をたくさん投稿していましたよ!

本郷奏多の出身幼稚園が明らかに!

動画内ではゆかりのある計7ヵ所を訪れた本郷さん。幼稚園時代から中学校時代までさかのぼり、さまざまな思い出の地を巡りました!まずは幼稚園時代についての内容からお届けします。

思い出の「清水幼稚園」に到着

“明るく 元気に 伸びる子”と書かれた看板を見つけ、卒園した「清水幼稚園」を訪れた本郷さん。看板にはかわいらしく描かれた先生と園児のイラストがありました。「めちゃめちゃ良い絵だね」と言う本郷さんは、「僕は右下の子が好きですね」とお気に入りの子を見つけたようです!

また園の敷地をかこむ柵に、かわいらしい動物のモチーフが付いているのを発見した本郷さん。両手を完全に上げた状態で柵に取り付けられているため、「すごい!この子」「ノーハンドでここにへばりついてる」とシュールな視点でコメントしていましたよ。

幼稚園の近くにある道路には、カエルのイラストが描かれた交通安全の注意書きもあったようです。本郷さんは「すごく良いですね」とカメラで撮影していましたが、こちらも若干絵柄がシュールで面白かったですね。

小学生時代の思い出を告白!

続いては本郷さんの小学生時代についての内容をお届けします!今回最も訪れたのは、小学生時代の思い出にまつわる場所でした。

1番遊んでいた「榴岡(つつじがおか)公園」

まず本郷さんが訪れたのは「榴岡(つつじがおか)公園」です。この公園は「小学校の時に1番来ていた」場所だそう。放課後になると毎日遊びに来ていたようです。

「僕の好きだった遊具で遊ぼうと思ったらさ、少年少女たちがわくわくしてらっしゃるわ」と話した本郷さん。映像を見ると、たしかに遊具のまわりにはたくさんの子どもたちが元気に遊んでいます!本郷さんの“思い出の遊具”は現在も子どもたちに人気のようですね。

この日は「桜まつり」というイベントが開催されていたようで、たくさんの人が公園を訪れていました。桜を見た本郷さんも「綺麗!」と反応していましたよ。

おすすめスポットは“噴水”!

ちなみに本郷さんが榴岡公園でおすすめのスポットは、噴水だそうです!「噴水が綺麗なんですよ」と言いながら、実際の場所に案内してくれました。実物を見て「これよ、この噴水!」と言いながら撮影する本郷さん。水が大きく広がるような設計になっていて綺麗です。

当時の本郷さんは、「よくここ(噴水)のふちをギリギリ落ちるか落ちないかみたいな遊びをやっていた」と言います。「必ず水に落ちて家に帰ってましたね」「母ちゃんにめっちゃ怒られてた」と懐かしそうに振り返っていました!インドアで冷静なイメージがありましたが、意外とわんぱくな少年時代が伺えます。

通学路ではズルをしていた?

続いて本郷さんがやって来たのは「原町(はらのまち)本通り」。ここは小学生時代の通学路だったそうです。当時は学校に向かうこの道をお父さんが車で送ってくれたそう。

「『うわズルしてる!』って思われるのがイヤだから、車の後部座席に僕は伏せていました」とユニークな少年時代の思い出も明かしました。「その頃からなるべく楽にしたがりだったんだなぁと思います」と、自身の性格について分析していましたよ!

出身小学校に到着!

本郷さんは母校の「仙台市立原町(はらのまち)小学校」も訪れました。校舎を見て「なんか原小(はらしょう)も綺麗になってる感じするなぁ」と話す本郷さん。校舎がある方向を指し「あっち体育館だったと思うんだよね」と話していました!通っていた当時と比べて建物の構造にも変化があるようです。

「体育館に向かう廊下で、僕は1回夜にお化けを見たことがあるんですよね」と言う本郷さん。「あれは確実にお化けでしたね」「白い影が走り回っていました」と、衝撃のエピソードを淡々と振り返ります。心霊現象もあっさり話してしまう姿が、やはりシュールで面白かったです。

お気に入りだったもう1つの公園へ

実は先ほどの榴岡公園のほかに、「もう1個お気に入りだった公園がある」という本郷さん。小学生時代を振り返る最後の地は「清水沼公園」です!

しかし公園へ向かう途中で、なぜかシャボン玉が1つだけ浮いているという珍現象が発生。「誰もいないのに1個だけシャボン玉が飛んでいた」「なんでだ?」と、本郷さんは驚いていました。

「清水沼公園」でのエピソードとは

珍現象を通過し、無事清水沼公園に到着した本郷さん。こちらの公園も桜がたくさん咲いていて綺麗です。本郷さんがまず目を留めたのは、水遊びができる石づくりのスペース。「うわー!なつかしい」「やばいここ」とテンションが上がっている様子でした!

実は榴岡公園同様、このスペースでも水に落ちるか落ちないかを楽しむ遊びをしていたのだとか。「ここもめっちゃよく(水に)落ちましたね」「サスケごっこみたいなのをしていたら…落ちてしまうんですよね」と、当時の思い出を話してくれました。

思い出のブランコにも乗る本郷さん「変わってなさすぎる!何十年あるんだこれ」と、こちらもテンションが上がっていました。ブランコに揺られる姿が幼く見えて、なんだかかわいらしかったです。

本郷奏多の出身中学校はどこ?

いよいよ最後は中学生時代についての内容をお届けします!

「宮城野中学校」に到着!

母校の「宮城野(みやぎの)中学校」に到着した本郷さん。校舎を見て「やっぱ懐かしいっすね」と話します。中学校の周辺は毎日歩いていたそう。「駅前とかは結構いろいろ変わっちゃってるんだけど、このへん全然変わってないわ!」と嬉しそうでした。

ちなみに本郷さんは15歳の頃に上京したそうです!中学校を卒業してまもなく東京に出たため、仙台市での思い出は中学生までということになるのですね。

現在32歳の本郷さんは、「ちょっと寂しい気もするけど東京にいる時間のほうがもう長いんだよね」と話していました。

【おまけ】思い出のスイミングスクールも!

本郷さんは道中で「仙台スイミングスクール」も発見します!「すげぇ」「ラッコちゃん(のマーク)が可愛い仙台スイミングスクールじゃないですか」と反応する本郷さん。ここは「本郷奏多が刹那(せつな)の間だけ通っていた」場所だそうです。

スイミングスクールでは、「かにさんコース」「めだかさんコース」「くじらさんコース」の順に昇格するというルールがあったそう。「一向にかにさんコースから昇格できる兆しがなかったので辞めました」ということで、水泳は本郷さんにあまり合わなかったようですね。

いよいよ東京に帰る時間になり、動画の最後には「来て良かった」「すごくエモかった」と話した本郷さん。「ここの町で育って良かったなと思いました」という言葉通り、故郷をなつかしんで散歩している様子が素敵でした!

コメント欄&SNSの反応は?

この動画にはたくさんのコメントが寄せられています。なかでも共感を集めていたのは、

・「家の近所っていうか、もはや家の裏に本郷奏多さんが来ててびっくりした 徒歩30秒で聖地巡礼できるの神すぎる
・「こんな超有名人が普通に地元歩いてるとか幸せすぎるやん。」
・「自ら地元を案内してくれるなんて、なんて幸せな動画を上げてくださるんだ…!素敵な街ですね」

というものでした!本郷さんのファンだけでなく、地元の方にとっても嬉しい動画になったようです。SNSでは下記のコメントが注目を集めていましたよ。


今後の活躍に注目!

今回は生まれ故郷・仙台市を散歩し、幼稚園時代から中学校時代までを振り返った本郷さん。幼少期を過ごした地元での撮影ということで、普段の動画以上に自然体な本郷さんの姿が見られたような気がします。ほのぼのと思い出の地を回る様子には癒されましたし、ときどきシュールな瞬間があるのもとても面白かったです!次回のYouTubeでの投稿を楽しみにしつつ、今後も活躍に注目していきましょう!

サムネイルは以下より:

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次