【遊戯王OCG】あまりにも有能。「キラー・ポテト」効果が公開!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

KONAMIが全世界に展開するトレーディングカードゲーム『遊戯王オフィシャルカードゲーム(遊戯王OCG)』にて、2023年4月21日(金)発売の「Vジャンプ6月特大号」に付属するカードの情報が公開されました!

目次

「キラー・ポテト」の効果が公開


※サムネイル画像は遊戯王マスターデュエルより

KONAMIが展開するトレーディングカードゲーム『遊戯王OCG』にて、2023年4月21日(金)に発売される「Vジャンプ6月特大号」の付録カード「キラー・ポテト」の効果が公開されました!

「キラー・トマト」を彷彿とさせる「キラー・ポテト」は、レベル4の効果モンスター。効果は以下の通りとなっています。

■キラー・ポテト

闇属性 植物族 レベル4 効果
(1):フィールドのこのカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。「キラー・ポテト」を除く、攻撃力1500以下の闇属性モンスター1体をデッキから攻撃表示で特殊召喚する。

戦闘破壊でデッキから闇属性・攻撃力1500以下のモンスターをデッキから特殊召喚(リクルート)する「キラー・トマト」に対し、こちらは効果破壊により同条件のモンスターをリクルート可能。ただし、彼方とは異なり同名モンスターを特殊召喚することはできなくなっています。

その効果はさながら「グリーンバブーン」と「イエローバブーン」。

自身のカードを破壊してアドバンテージを取れるデッキと相性が良さそうですが、呼ばれるモンスターが闇属性であることを考えると、メインデッキに闇属性を採用するデッキが好相性。「ヴァレット」デッキであれば、自然と活用できるでしょうか。

なお、通常魔法の「新世壊」であれば、このカードの効果と合わせてモンスターを2体並べることができます。「新世壊」の効果の都合上、闇属性・植物族以外のモンスターを出すことになるので、さまざまな属性や種族を併用するデッキで活用可能。レベル3以下でエクシーズしたり、モンスター2体でリンクしたりと、色々な使い道が考えられますね。

また、植物族を軸にするならば「時花の賢者-フルール・ド・サージュ」も優秀。「キラー・ポテト」でチューナーを持ってくれば、即座にシンクロ召喚した上で「時花の賢者-フルール・ド・サージュ」の効果も活用できます。植物族メインのデッキであれば、「ローンファイア・ブロッサム」でデッキから「キラー・ポテト」を呼べるのも強みですね。

【関連リンク】

公式サイト

・公式Twitter(@YuGiOh_OCG_INFO)

カートボタンAmazonで『遊戯王』関連商品を見る

このサイトでは、Amazonアソシエイト・プログラムを使用しています

(C)スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI (C)Konami Digital Entertainment

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次