ここが嫌だよ、Apple「AirPods Pro」’23年ラインナップの欠点を重鎮が指摘

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

業界の重鎮アナリストであるミンチー・クオ氏が「AirPods Pro」の2023年モデルについて衝撃の予測を披露しています。発売当初は「耳からうどん」と揶揄されたこともあった製品ですが、今となってはAppleの革新的なエコシステムの一角を担う重要製品。この製品カテゴリーだけでAdobe社の売上を上回るというのですから驚きです。

*Category:テクノロジー Technology *Source:1:@mingchikuo,2:AirPods Pro With USB-C to Release This Year, per report – fpt.


» 無料で〝AI写真集〟が読み放題になるウラ技。水着やランジェリーのグラビアが「プロンプト不要」でたのしめる!

2023年「AirPods Pro」に起こる大変化

クオ氏は最新レポートにおいて「Appleが独自規格であるLightningの端子からUSB-C端子に移行を進めており、その最初の製品はAirPods Proになるだろう」という予測をぶち上げています。同氏の予測によれば「AirPods Pro 2」用のUSB-C充電ケースが2023年末までに販売されるそうです。

Appleがほぼ独占的に使用する規格であるLightningを廃止することはEUの規制により不可避とみられていますが、AirPosもその流れに従っていくということのようです。しかし、クオ氏は過去に「AppleはAirPods 2や3、つまり〝非Pro〟バージョンではAppleがUSB-Cケースをリリースすることはない」と述べている点は気になります。

ひとつの製品カテゴリーに複数の端子・ポートがあればユーザーはケーブルを2種類持ち歩かなければならなくなりとても不便。ポートが混在するというクオ氏の予測は〝不吉〟であり、家族で複数のモデルを所有している場合などは欠点になると言わざるをえません。

あるいは、これはユーザーを無接点充電に移行させるためのAppleの陰謀なのでしょうか? (笑)

関連情報

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次