BTSのジョングク J-HOPE(ホソク)兵役入隊を見送る為にアメリカから帰国!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

4月8日に渡米したジョングクが、18日に兵役入隊するJ-HOPE(ホソク)を見送るため、17日に帰国しました。J-HOPEを思い、スケジュールを調整して帰国したジョングク。メンバーの絆を思い、多くのファンから温かなメッセージが寄せられました。

目次

目次

ジョングクが17日にアメリカから帰国

アメリカでの仕事のため、今月8日に渡米していたジョングク。18日に兵役入隊をするJ-HOPE(ホソク)を見送る為に、17日に帰国しました。ジョングクはデニムのセットアップに、アンバサダーを務めるカルバンクラインのインナー、ニット帽姿で到着。空港で待ちわびたファンに頭を下げ、足早に空港を後にしました。長いフライトに疲れているにも関わらず、笑顔で対応するところはさすがジョングク。

BTSは、18日にJ-HOPE(ホソク)の入隊を控えています。ジョングクのアメリカ行とスケジュールが被ったため、「ジョングクが見送れるかどうか」が懸念されていましたが、スケジュールを調整して立ち会うことが明かされていました。

J-HOPEが明かしたジョングクのスケジュール調整

J-HOPEは正式な静かな入隊を望んでおり、正式な入隊日を明かしていませんでした。しかし、やはりそこはスーパースターのBTS。知られたくないことでも、事前に入隊日が漏れてしまった様です。J-HOPEは、入隊前にファンに向けての動画配信を行い、その中でジョングクについて語っています。

ジョングクのアメリカ行と軍入隊の時期が被ったため、会えないことも覚悟していたというJ-HOPE。その証拠に、事前にV(テテ)と一緒にジョングクの家に遊びに行っていました。しかし、ジョングクは自らスケジュールを調整し、J-HOPEの軍入隊に立ち会えるようにしたとか。そのことを、J-HOPEはとても喜んでいました。

J-HOPEを守るためファンたちが呼びかけを開始

J-HOPEの入隊に向けて、特に韓国のファンは「現地に行かないで」「見送りに行かないで」と呼びかけています。J-HOPEは入隊時に特別なイベントを望んでいません。入隊には最年長のJIN(ジン)を覗く5名が立ち会うと予想され、「最後の時間をメンバーと静かに過ごせるように」と自制を呼びかけました。また、当然ながらJ-HOPEのご両親も入隊に立ち会います。息子を見送るご両親の心情を慮り、「ファンが邪魔しない様に」という配慮でしょう。

ジンの時は配慮が行き届き、現地に駆けつけるファンは見られず、静かに入隊が出来たそう。男子の兵役が義務化されている韓国では、BTSファンの親族も兵役を経験しているでしょう。その経験から、心境に心を寄せることができるのかもしれません。ぜひJ-HOPEの時も、ファンの配慮がある事を願います。

J-HOPEから旅立ちのメッセージが到着

18日に日付が変わる前、J-HOPEはInstagramを更新。「元気に行ってきます!」の文字と、軍入隊に備えての短髪姿を公開しました。世界からは応援の声、寂しさを訴える声が相次いでいますが、共通しているのはJ-HOPEとBTSへの愛です。

兵役中は、アイドルのJ-HOPEではなく、いち青年のチョン・ホソクとして過ごすことになります。同期の青年たちに囲まれながら、静かに過ごせることを願いましょう。


ジミンがJ-HOPEとの2ショットを掲載

ジミンは、兵役履行に先立ち髪を整えたJ-HOPEとの2ショットを掲載。ホソクの事が本当に大好きなジミンは、髪を整えた後まで一緒にいた様です。メンバー同士が会えなくなる期間を思えば、その胸中を察することはできません。しかし、出発の直前までメンバーが近くにいることは、ファンにとっても心強いことです。

ジミンは3月下旬からのソロ活動を終え、兵役が近いとも言われています。兵役のタイミングは、個人で決定できるものではなく、まだ何の告知もありません。でも、どの時期に行くにしても、メンバー全員を心の中で見送り、静かに待ちたいものです。

先に入隊したジンからユニークなメッセージも

一足先に入隊している最年長のジンは、4月17日にWeverseへコメント。『D-1(ハート)』というコメントには、「あと1日でJ-HOPEが入隊する」という意味が込められています。公式で入隊日の案内が無いのに、ARMYに伝えてしまったジン。「もうニュースになっているから」と言う気持ちかもしれません。この投稿は、J-HOPEの入隊に寂しさを募らせるファンを笑わせ、とても癒してくれました。

ジンはJ-HOPEを心配し、入隊が近くなると毎日連絡をくれたそう。ユニークなコメントも、きっとファンを癒やそうとしてのこと。あらためて、ジンの温かさをありがたく感じます。

J-HOPEの『on the street (with J. Cole)』を聴こう

少しの別れに伴う寂しさ、痛みを拭うことはできませんが、J-HOPEは私たちにプレゼントを残してくれました。ソロ曲『on the street (with J. Cole)』は、J-HOPE曰く「恩返し」の気持ちを込めたもの。これまでの道のりや、ファンへの愛がたくさん詰まった温かい曲です。きっとJ-HOPEは、この曲を聴きながら帰りを待つことを望むでしょう。

この曲を聴きながら、同じ空の下にいるJ-HOPEに思いを馳せてみてください。行ってらっしゃい、J-HOPE。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★