中国SNSへ「iPhone 15」のデザイン予想がリーク、投稿者は過去に〝的中実績〟あり

「iPhone 15(仮)」、つまり2023年9月ごろの登場が予測されている〝新型iPhone〟に関する耳寄りなリークが舞い込んできました。

情報の出どころは過去に正確な情報を提供していた実績があり「iPhone 14に新色イエローが出る」という事前予測そ的中させた中国のSNSアカウントというのだから、なおさら興味をそそられるところ……。

気になる「iPhone 15」の詳細は以下の通り。

〝値段が安いほう〟のiPhoneに変化

ウェイボーに投稿されたiPhone15のリーク


iPhone 15/15 Plus 磨砂玻璃背板
— 出典:刹那数码


フォロワー数120万超の上記のアカウントによると「iPhoneの標準モデル(Proではない方)の『iPhone 15 / Plus』にはフロストバックガラス(すりガラス)が採用される」とのこと。これは〝既存のiPhone14 Proシリーズ〟と同様のデザインであり、これが事実であれば廉価なモデルにも高級感がありワイヤレス充電の強化などにつながるアップグレードがもたらされることになります。



— 画像出典:MacRoumors

フロストガラスを採用した「iPhone 15」と「iPhone 15 Plus」は〝値段がやすいほうのiPhone〟でありながら、よりハイエンドに近い外観になるというわけです。それでは〝値段が高いほうのiPhone〟である「iPhone 15 Pro/ Pro Max」はどうなるのでしょうか? こちらには新たに「チタンフレーム」が採用され、ディスプレイ周りのベゼルがさらに細くなるとというリークがあります(標準モデルはアルミニウムフレームと同じベゼルサイズになるということ)。

当初はProモデル専用だった機能やデザイン要素が、年月を経てiPhoneの廉価モデルでも採用されることは過去にもあり、珍しいことではありません。例えば、有機ELディスプレイはiPhone 12のラインナップまでProモデルにしか搭載されていませんでしたが、その後より多くのモデルに採用されました。

Amazonで「Anker モバイルバッテリー」見る

* Category: technology,money テクノロジー,マネー

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す