キングコング流「舞台の作り方」とは? 集客の方法は? 赤字回避の秘訣は? 計算されつくした戦略を公開!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

キングコングはそれぞれのフィールドで活動するお笑いコンビ。そんな2人が毎週欠かさず動画を公開し続ける「毎週キングコング」で、漫才のように掛け合うトークが人気を集めています。今回は梶原さんが舞台に興味を示した話題が注目を集めているようです。

この記事では、舞台について熱く語り合った様子やSNSの反応をご紹介します!ぜひ最後まで読んでください。

楽天「Rebates」でお得にポイ活!


目次

梶原さんが話したかったこと

梶原さんは、「過去の回を含めて話せなかったことがある」といいます。オフ会を開催したことで、あらためて舞台がすごいことに気づいたそうです。梶原さんが開催した舞台は、人生で初めて吉本管轄外の場所で行われたといいます。

1から考える必要もあってか、必要費用に驚いた様子。西野さんはプペルを中心に舞台を組む仕事も多いことから大体のことを知っているとのこと。必要機材を持ち込むだけでも赤字になるんだとか。西野さんからすると、それくらいは費用がかさんでしまうとのこと。

これまでに組んだ舞台の経験を踏まえて、吉本芸人がやっている武道館ライブとキングコングがやった武道館ライブはスケールの差が一目瞭然だといいます。

キングコングの舞台の作り方

梶原さんも武道館ライブに携わった経験から違いを感じた様子。会社を通すと舞台のセットなど、お金の掛け方が違ってくるそうです。西野さん曰く、回収する知識がなければ基本的には赤字だといいます。

梶原さんは、スタッフのとんぼさんが西野さんの舞台仕事を携わってきた経験から今回のオフ会も任せていたとのこと。お金を惜しまない仕事ぶりに、梶原さんはうれしくなったといいます。舞台に慣れていない梶原さんは、とんぼさんがあげて来た見積書に驚いたそうです。

どんだけやっても赤字になる予算ではあるものの、梶原さんはとんぼさんに対して「西野さんから学んだことが活きている」と感じたんだとか。

舞台のお金の掛け方

赤字を回収する手段として、配信チケットを取り入れたといいます。梶原さんが今回のオフ会で1番に感じたのは、お金を掛ければ舞台がよくなることのようです。豪華になればいい舞台になることに西野さんも共感していました。

舞台を作り上げたことで、あらためてこれまで吉本が準備してくれていることに甘えていたことを実感したと言う梶原さん。西野さんも同じ意見をもっているようで、ミュージカルでは1億6千万円を掛けたゲームをしていたとのこと。

仮にミュージカルがコケたとしても、誰も救ってくれないゲームなんだとか。後ろ盾がない状態だと安くしようといった考えがなりそうなものですが、安くしようと思えばいくらでも出来るといいます。

武道館ライブは実績作り

舞台費用を安くして、舞台がよくなるかはまた別の話のようです。さらに言えば、1億6千万の舞台で回収する見積りではないとのこと。丁寧に計算をして、最終的な赤字にならない戦略を立てているようです。

西野さんのプランは、「シルクドソレイユでミュージカルをやるためのプレゼン資料」だといいます。西野さんの1億6千万の種蒔きが出来ることに、梶原さんは驚きを隠せない様子。とはいえ、コロナ禍で開催した武道館ライブは痺れたといいます。

空席を作らないといけない制限もあって、赤字との格闘はそれまでにない経験だったようです。

舞台配信も決め手はサムネイル

武道館ライブの経験は、スタッフとの間でよく話題になるといいます。配信を見てもらうために1番必要なのはサムネイルで興味を引くこと。そうした面で美術セットにお金を掛けて、見栄えをよくすることは筋がいいんだとか。

西野さんは、カジサックが舞台に掛けるところを楽しみにしているとのこと。梶原さんが現在思い描けるのは、下町ロレックスだといいます。ロレックス熱に目覚めた梶原さんのストーリーに「面白くなさそう」と直球で回答した西野さん。

梶原さん曰く、「面白くないし失敗するで? 」と思いがけない方向からの提案をしました。

SNSの反応は?

動画のコメントでは「今週も面白くて勉強になる回でした!」「ホント、仲良くなった最近の2人が好き過ぎる」といったコメントが寄せられました。

学びを得ている人もいれば、2人の漫才のような掛け合いを楽しんだ人がいる様子。バラエティに富んだ動画に満足している視聴者が多いようです。

舞台の裏側を知った視聴者が、講演されている舞台への意識が変わったとの声もあるようです。

下町ロレックス人気も高いようで、今回の梶原さんのエピソードに満足した視聴者もいるようです。

常に進み続けるキングコング

最後まで読んでいただきありがとうございました!革新的な活動を続けるキングコングらしい動画になったのではないでしょうか。新しいことにチャレンジしようとする梶原さんとさらに先を行く西野さん。

憧れと親近感を生み出せるコンビに、多くの層から支持されているのも納得した視聴者も多いようです。これからも驚きを提供してくれるキングコングに目が離せませんね!

サムネイルは以下より:

楽天「Rebates」でお得にポイ活!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次