「認知症のイヌ」とヒトの不思議な共通点が発見される

犬は高齢になると、人間のように「認知症」になることがあります。そして、最新の研究によって犬の認知症は人間の認知症と共通点があることが分かりました。

その共通点について、海外メディア「sciencealert」が解説しています。

関連:鼻をほじると〝認知症リスクが高まる〟理由がマウス研究で判明

*Category:サイエンス Science *Source:sciencealert,wikipedia

人間と犬の「認知症」の共通点とは?


ノースカロライナ州立大学の研究者とアルゼンチン、ハンガリーの研究者が、28匹のシニア犬の2時間の昼寝中の脳波を記録したところ、睡眠サイクルの異変に気がつきました。認知機能に問題がある犬は、認知機能の低下が見られない犬よりも眠りが浅かったのです。

具体的にいうと、認知症の兆候がある犬は昼寝中に覚醒と結びついたβ波の活動が強く見られました。また、徐波睡眠(脳波から判別できる睡眠の深さを示す指標)も低下していました。この状態は、犬の脳が実際には眠っていない、あるいは少なくとも完全には眠っていないことを意味するとのことです。


人間の認知症の場合、しっかりとした睡眠を取れていないと記憶の定着に悪い影響を与えます。犬の場合もまだ研究材料が少ないため断言は出来ませんが、質の悪い睡眠は人間同様、記憶に影響を与える可能性があるそうです。

実際、認知機能が低下したシニア犬は、睡眠障害や日中の眠気に悩まされる傾向があります。研究者は、睡眠障害が認知機能低下の引き金になっている可能性と、認知機能低下が睡眠障害を引き起こしている可能性の両方があると考えています。


このように人間と犬の認知症には共通点があるため、犬の認知症の研究が進めば、人間の認知症治療に役立つかもしれません。

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す